波照間海運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリーはてるま

合資会社波照間海運(はてるまかいうん)は、かつて石垣島波照間島の間で旅客船(高速船)・貨客船(フェリー)を運航していた日本の海運会社。沖縄県石垣市八島町に本社を置いていた。

2011年12月11日から全便運休し、12月24日から貨客船(フェリー)の「フェリーはてるま」のみ運航を再開したが、2012年6月より再び運休した[1]。なお、波照間航路では他に安栄観光が旅客船を運航していたが、安栄観光は「フェリーはてるま」の運休後の2012年7月に同船舶を購入し[2]、同年10月6日から運航を再開している[3]

沿革[編集]

  • 1972年(昭和47年)12月 - 個人事業者から航路を承継し、波照間航路の運航を開始[4]
  • 1973年(昭和48年)3月 - 会社設立
  • 1990年(平成2年)2月 - フェリーはてるま就航[4]
  • 1996年(平成8年)4月 - ニューはてるま就航[4]
  • 2010年(平成22年)8月22日 - ぱいぱてぃろーま就航
  • 2011年(平成23年)12月11日 - 波照間航路運休
  • 2011年(平成23年)12月24日 - 波照間航路で貨客船(フェリー)の運航を再開
  • 2012年(平成24年)5月24日 - 沖縄総合事務局より船舶運航計画に定める運航を怠ったことにより「船舶運航確保命令」の行政処分を受ける[5]
  • 2012年(平成24年)6月 - 貨客船(フェリー)の運航を停止する[1]

航路[編集]

旅客船航路
  • 石垣港 - 波照間港
    2011年12月11日から運休。運休前は1日3往復が運航されていた。
貨客船(フェリー)航路
  • 石垣港 - 波照間港
    運休直前は火・木・土曜の運航[6]。かつても火・木・土曜の運航であったが、2010年8月30日より一時期の間は月〜土曜運航していた。夏期と冬期で波照間発の時刻が変更された。
    2011年12月11日から運休したが、12月24日より臨時に火・木・土曜の運航を再開[6]。2012年4月以降も運航は続けられていた[7]生活物資の輸送や、旅客船欠航時の代替交通手段として利用されているが、運航再開は島民以外にはほとんど認知されていない。[要出典]

運休[編集]

石垣-波照間航路は、従来、波照間海運のみの運航(安栄観光は不定期運航扱いであった)であったため、離島航路補助制度による補助を受けてきた。しかし、安栄観光が波照間航路について一般旅客定期航路事業の許可を取得し、2011年1月1日から定期運航を開始したため、波照間航路は同制度の対象から外れることとなった。

波照間海運は、補助を受けられなくなったことや、燃料費の高騰などを理由に、2011年12月11日より、旅客船、貨客船(フェリー)の全便を運休した[4][8]。しかし、住民の要望を受け、12月24日から臨時に貨客船(フェリー)のみ運航を再開したが[6]、6月より貨客船(フェリー)も運休し、石垣港離島ターミナルの事務所を撤去した[1]

船舶[編集]

  • ぱいぱてぃろーま(総トン数 85t、旅客定員 120名、航海速力 30ノット[9])※旅客船
    大阪市港区の三保造船所で竣工した双胴船。2010年7月31日進水、8月22日就航[10]。沖縄県離島海運振興株式会社が建造した船舶で、波照間海運はリースを受けている[11]。船名は波照間小学校中学校の児童・生徒からの公募で決められたもので、「ぱいぱてぃろーま」は波照間島の南にあるとされた伝説上の島。特徴的な黄色い船体で、左舷と右舷でデザインが異なる。運休に伴い、同船はメーカーに返却されている。[12]
  • フェリーはてるま(総トン数 194t、旅客定員 30名、航海 14ノット)※貨客船
    1990年2月進水。与那国島行きの福山海運と協力関係にあり、同社のフェリーがドックに入った場合は与那国航路に代航で入ることがあった。逆に本船がドック入りの場合は「フェリーよなくに」が波照間航路に入った。運休後、安栄観光が購入して波照間航路に入っている[2]
  • ニューはてるま(総トン数 19t、旅客定員 80名、航海速力 32ノット)※旅客船
    新造高速船の就航に伴い2010年8月をもって定期運用から離脱。船繰りの都合でぱいぱてぃろーまの代船として運用に入ることがあった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c “波照間海運、貨客船も運休”. 八重山毎日新聞. (2012年6月2日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/20193/ 2013年1月1日閲覧。 
  2. ^ a b “安栄観光 「フェリーはてるま」を購入 石垣―波照間輸送安定化へ 8月中旬 運航再開”. 八重山日報. (2012年8月1日). http://www.yaeyama-nippo.com/2012/08/01/%E5%AE%89%E6%A0%84%E8%A6%B3%E5%85%89-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%81%BE-%E3%82%92%E8%B3%BC%E5%85%A5-%E7%9F%B3%E5%9E%A3-%E6%B3%A2%E7%85%A7%E9%96%93%E8%BC%B8%E9%80%81%E5%AE%89%E5%AE%9A%E5%8C%96%E3%81%B8-%EF%BC%98%E6%9C%88%E4%B8%AD%E6%97%AC-%E9%81%8B%E8%88%AA%E5%86%8D%E9%96%8B/ 2013年1月1日閲覧。 
  3. ^ “装い新たに運航再開 ニュー「フェリーはてるま」”. 八重山毎日新聞. (2012年10月7日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/21033/ 2013年10月17日閲覧。 ]
  4. ^ a b c d “波照間海運が運休へ 国の補助打ち切りで”. 八重山毎日新聞. (2011年12月3日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/18842/ 2013年1月1日閲覧。 
  5. ^ 一般旅客定期航路事業者の行政処分について (PDF) - 沖縄総合事務局 2012年5月24日
  6. ^ a b c “住民の切実な声受け 波照間海運フェリーを臨時運航”. 八重山毎日新聞. (2011年12月28日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/19030/ 2013年1月1日閲覧。 
  7. ^ “教科書問題「新学期に支障ない」 竹富町議会”. 八重山毎日新聞. (2012年3月24日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/19697/ 2013年1月1日閲覧。 
  8. ^ “波照間海運 11日から運休”. 沖縄タイムス. (2011年12月4日). http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-12-04_26877/ 2013年1月1日閲覧。 [リンク切れ]
  9. ^ 会社案内”. 波照間海運. 2011年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月5日閲覧。
  10. ^ “新造双胴船が就航へ 欠航率改善に期待”. 八重山毎日新聞. (2010年7月30日). オリジナル2010年8月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100812070351/http://www.y-mainichi.co.jp/news/16471/ 
  11. ^ “波照間海運が運休 11日から 補助金打ち切りで”. 八重山日報. (2011年12月4日). http://www.yaeyama-nippo.com/%E7%A4%BE%E4%BC%9A-%E4%B8%80%E8%88%AC/%E6%B3%A2%E7%85%A7%E9%96%93%E6%B5%B7%E9%81%8B%E3%81%8C%E9%81%8B%E4%BC%91%2011%E6%97%A5%E3%81%8B%E3%82%89%20%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%87%91%E6%89%93%E3%81%A1%E5%88%87%E3%82%8A%E3%81%A7 2013年1月1日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ “波照間海運 再び運休 再開めど立たず撤退へ 補助金打ち切りで”. 八重山日報. (2012年6月1日). http://www.yaeyama-nippo.com/2012/06/01/%E6%B3%A2%E7%85%A7%E9%96%93%E6%B5%B7%E9%81%8B-%E5%86%8D%E3%81%B3%E9%81%8B%E4%BC%91-%E5%86%8D%E9%96%8B%E3%82%81%E3%81%A9%E7%AB%8B%E3%81%9F%E3%81%9A%E6%92%A4%E9%80%80%E3%81%B8-%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%87%91%E6%89%93%E3%81%A1%E5%88%87%E3%82%8A%E3%81%A7/ 2013年1月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]