波上宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
波上宮
本殿
所在地 沖縄県那覇市若狭1-25-11
位置 北緯26度13分14.62秒
東経127度40分15.95秒
座標: 北緯26度13分14.62秒 東経127度40分15.95秒
主祭神 伊弉冊尊
速玉男尊
事解男尊
社格 旧官幣小社
別表神社
創建 不詳
本殿の様式 流造
別名 なんみんさん
札所等 琉球八社
例祭 5月17日
テンプレートを表示

波上宮(なみのうえぐう)は沖縄県那覇市にある神社那覇港を望む高台の上に位置し、「なんみんさん」として親しまれてきた。琉球八社の一つで、全国一の宮会より琉球国新一の宮に認定されている。

祭神[編集]

『日本の神々 -神社と聖地- 13 南西諸島』[1]では、主祭神からも分かるように熊野信仰の系列に連なっており、また琉球王国の総鎮守であると述べている。現在も沖縄総鎮守として信仰されている。

主祭神
相殿神

歴史[編集]

当宮創建の年代は不詳である。しかし『琉球宗教史の研究』[2]では、琉球八社は真言宗寺院に併置され、その創建の由緒を見ると多くは社寺同時に創建されたものと考えられることから、当宮は察度王の御代、護国寺が開山した時期に創建されたのではないかと推測している。

『波上宮 略記』[3]では、遥か昔、人々が海の彼方の海神の国(ニライカナイ)の神々に豊穣や平穏を祈った聖地が当社の鎮座する波の上の崖端で、拝所として日々の祈りを捧げたのに始まると述べている。当地での遥拝に関して『海上の道』[4]では、波の上の丘陵の高みにおいて、毎年、日を定めてこの付近の居留者が各々の故郷の方角に向けて香炉を置き、自身の本国に向かって遥拝する「ネグミ拝み」と言う祭りが近代まで行われていたことを紹介している。

天啓3年(1623年和暦では元和9年)完成の『おもろさうし 第十』には「国王様よ、今日の良き輝かしい日に聞得大君を敬って、国中の人々の心を集め揃え、石鎚金槌を準備して石を積み上げ、波の上、端ぐすくを造り聖地へ参詣し給えば、神も権現も喜び給う。」[5]と言う意味の“おもろ”がある。『おもろさうし 上』[6]はこの中に詠われる「波の上、端ぐすく」が当宮鎮座地であると解説し、『日本の神々 -神社と聖地- 13 南西諸島』[1]では当宮創建を詠った“おもろ”ではないかと紹介している。

『神と村』[7]では、グスクは古代祖先達の共同葬所(風葬所)であり、納骨洞穴が拝所になった場所は「テラ」と称される場合があると述べたうえで、上記“おもろ”[5]に記された「なみのうへ は げらへて はなぐすく げらへて ものまいり しよわちへ てらまいり しよわちへ」の「てら」が、古代「鼻(はな)ぐすく」と呼ばれた当宮鎮座地にある「波上洞穴遺跡」を指しており、この地が祖先達の葬所を根源とする「神の居所」であることが覗われると述べている。

慶長10年(1605年)に倭僧・袋中良定が著した『琉球神道記 巻第五』の「波上権現事」では当宮を琉球国第一大霊現と述べ、さらに以下のような当宮の創設伝承を記している。

南風原の里主という者が釣りをしていると、ある日浜辺で「光り、ものを言う」霊石を見つけた。この石に祈るたびに豊漁となるので、諸神がこの霊石を奪おうとした。そこで里主が当地へ逃れると「吾は熊野権現也、この地に社を建て祀れ、然らば国家を鎮護すべし」との神託があった。里主は琉球王府にこれを奏上し、社殿が創建された。

上記の伝承は、琉球の固有信仰として古くからあった石体信仰と熊野信仰が結合したものであろうと『古代文学講座11 霊異記・氏文・縁起』[8]では考察している。また、上記と同様の伝承が康熙52年(1713年、和暦では正徳3年)に国王へ上覧された琉球王府編纂の地誌『琉球国由来記 巻11』にも記されている。

正平23年(1368年)、頼重法印が当宮の別当寺として護国寺を建立したが、その後一時衰微し、紀伊国熊野から補陀落渡海の果てに琉球へ漂着した真言宗の僧侶日秀上人により大永2年(1522年)再興されている。再興にあたり日秀は熊野三所大権現の本地仏である阿弥陀如来薬師如来千手観音を刻して安置している。

寛永10年(1633年)に社殿が焼失したが、本地三尊像は護国寺に移されていて難を逃れた。焼失した社殿は同12年(1635年)に再建されている。さらに享和3年(1803年)社殿が大破したため、それまでの本地三尊像を3殿に分けて安置する形式から1殿に安置する三戸前として改築した。

明治に入り近代社格制度によって官幣小社へ列格され、明治23年(1890年)5月17日に御鎮座告祭式を行った。この御鎮座告祭式の日が、明治26年(1893年)から例大祭の日となっている。『琉球宗教史の研究』[2]によれば、官幣小社へ列格される前年(1889年)に沖縄県が国幣中社の認定を申請していたが、皇室の祖神である伊弉冊尊を祀っていたことを理由として格上げのうえ列格されたのだと言う。昭和10年(1935年)には御再興三百年祭を催行。さらに昭和13年(1938年)頃にかけて神苑を整備している。

太平洋戦争末期の昭和20年(1945年)、戦火が迫ったことから宮司がご神体を奉じて摩文仁村へ避難した。しかし境内は激しい沖縄戦の中で鳥居を残し全てが灰燼に帰してしまった。

沖縄戦で壊滅的な損害を被った当宮であったが、昭和23年(1948年)には別表神社へと指定された。昭和27年(1952年)宮司が復興に着手。翌28年(1953年)ハワイ移民の寄進により本殿と社務所を再建、本土へも呼びかけ昭和36年(1961年)には拝殿が再建された。昭和47年(1972年)本土復帰を迎えて沖縄復帰奉告祭が行われ、皇室より幣帛料を賜っている。昭和62年(1987年)旧社務所並びに参集所を撤去し、新しい社務所が新築された。

平成2年(1990年)御大典を記念して一の鳥居を改築した。さらに平成の御造営により本殿と拝殿を再建、平成5年(1993年)に完成して正遷座祭が催行された。翌6年(1994年)5月に全整備事業の終了により竣功奉告祭が催されている。平成15年(2003年)には第二社務所を新築、平成18年(2006年)長年に亘り信仰の場・景勝地として親しまれてきたことを理由に、当宮敷地一帯が「波上(なんみん)」として那覇市より史跡・名勝文化財へ指定された。

現在、宮内には沖縄県神社庁の事務所が置かれ、沖縄における神道の活動拠点の一つとなっている。

施設・遺構など[編集]

祭事[編集]

毎月の祭祀[編集]

1日・17日 月次祭

主たる年間祭祀[編集]

1月 1日   歳旦祭   9月   秋分の日    秋分祭
3日      元始祭   10月 17日     神嘗祭・当日祭
2月 3日     節分祭   11月 3日 明治祭
11日     紀元祭   15日   七五三祭
17日     祈年祭   23日 新嘗祭
3月   春分の日   春分祭   12月 23日 天長祭
4月 29日   昭和祭   25日   御煤納
5月 17日     例大祭   31日 大祓・除夜祭
6月 30日   大祓

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 谷川健一 編 『日本の神々 -神社と聖地- 13 南西諸島』 白水社 1987年
  2. ^ a b 鳥越憲三郎 『琉球宗教史の研究』 角川書店 1965年
  3. ^ 当社配布のリーフレット
  4. ^ 柳田國男 『海上の道』 岩波書店 1978年
  5. ^ a b 『おもろさうし 第十』の17 「てやんおなちやらが節」
  6. ^ 外間守善 校注 『おもろさうし 上』 岩波文庫 2000年
  7. ^ 仲松弥秀 『神と村』 伝統と現代社 1975年
  8. ^ 古橋信孝 三浦佑之 森朝男 編 『古代文学講座11 霊異記・氏文・縁起』 勉誠社 1995年

参考文献[編集]

  • 鳥越憲三郎 『琉球宗教史の研究』 角川書店 1965年
  • 仲松弥秀 『神と村』 伝統と現代社 1975年
  • 柳田國男 『海上の道』 岩波書店 1978年
  • 谷川健一 編 『日本の神々 -神社と聖地- 13 南西諸島』 白水社 1987年
  • 古橋信孝 三浦佑之 森朝男 編 『古代文学講座11 霊異記・氏文・縁起』 勉誠社 1995年
  • 外間守善 校注 『おもろさうし 上』 岩波文庫 2000年
  • 入江孝一郎 『諸国一の宮』 移動教室出版事業部 2001年
  • 全国一の宮会 編 公式ガイドブック『全国一の宮めぐり』 全国一の宮会 2008年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]