波一〇一型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
波101型潜水艦
左から伊吹、105、106、109
艦級概観
艦種 二等潜水艦
艦名
前級
次級
性能諸元
排水量 基準370t、常備429t
水中493t
全長 44.50m
全幅 6.10m
吃水 4.04m
機関 中速ディーゼル1基1軸
水上:400馬力
水中:150馬力
電池 120個
(1号17型または1号22型)
速力 水上:10.0kt
水中:5.0kt
航続距離 水上:10ktで3,000海里
水中:2.3ktで46海里
燃料 重油:32トン
乗員 21名
兵装 25mm機銃単装1基
備考 安全潜航深度:100m
物資搭載量:60トン

波一〇一型潜水艦(はひゃくいちがたせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦の艦級。潜輸小型(せんゆこがた)ともよばれた。輸送任務のために太平洋戦争中に開発されたもので、魚雷発射管や艦載砲を有さず武装は機銃のみであった。父島、南鳥島などへの近海での輸送任務の他、哨戒任務、蛟龍の母艦として用いられた。1944年から1945年にかけて10隻が竣工し、戦没艦はなかったが終戦後速やかに処分された。

同型艦[編集]

  • 艦名(仮称艦番)
竣工日(建造所) - 戦後の処分

建造所は川崎 = 川崎重工業泉州工場もしくは艦船工場(神戸)、三菱神戸 = 三菱重工業神戸造船所

1944年11月22日(川﨑) - 1945年10月、清水付近にて沈没処分
1944年12月6日(川﨑) - 1945年10月、清水付近にて沈没処分
1945年2月3日(川﨑) - 1946年4月1日五島沖にて沈没処分
1944年12月1日(三菱神戸) - 1945年10月、清水付近にて沈没処分
1945年2月19日(川﨑) - 1946年4月1日五島沖にて沈没処分
1944年12月15日(川﨑) - 1946年4月1日五島沖にて沈没処分
1944年2月7日(三菱神戸) - 1946年4月1日五島沖にて沈没処分
1945年5月6日(川﨑) - - 1946年4月1日五島沖にて沈没処分
1945年3月10日(三菱神戸) - 1946年4月1日五島沖にて沈没処分
  • 波号第一一〇潜水艦 (第4610号艦、未成)
1944年9月5日起工(川崎)、1945年1月12日進水も終戦時未成、紀伊水道で処分
1945年7月13日(川﨑) - 1946年4月1日五島沖にて沈没処分
  • 波号第一一二潜水艦 (第4612号艦、未成)
1944年11月16日起工(三菱神戸)、1945年4月15日進水も終戦時未成、紀伊水道で処分

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8

関連項目[編集]