法歯学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒトの上顎骨

法歯学(ほうしがく、英語:forensic dentistry、forensic odontologyとも)とは、法医学科学捜査社会歯科学の一分野であり、犯罪捜査や裁判などの法の適用過程で必要とされる歯学領域の事項を研究、応用する学問である。歯科法医学、法歯科医学などとも呼ばれる。

主として、個人識別の際に用いられることが多い。歯牙硬組織は、他の組織に比べて残存している場合が多く、その治療痕や状態から識別作業を行う。状態からの場合、摩滅の状態や歯髄腔の状態、特定の職業に特徴的な磨耗症といったことから判別し、他にもDNA検査なども行われる。また、一般の歯科医師でも、日常の診療の過程で多くの処置記録を蓄積・保有しており、その情報は、確実性の高い個人識別情報である。その情報に基づいて識別作業を行うことも多い。

1897年5月4日に約130名の犠牲者を出した、パリの慈善バザー火災での身元判別を契機に法歯学が生まれた。

参考文献[編集]

  • 『法歯学』(鈴木和男著、永末書店、1988年)

関連項目[編集]