泉美木蘭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

泉美 木蘭(いずみ もくれん、女性、1977年6月1日 - )は三重県津市出身の小説家近畿大学文芸学部卒業、血液型A型。お笑い芸人コウメ太夫は元夫。

人物[編集]

  • 泉水木蘭名義で自身のSM嬢体験をつづった小説でデビュー。その後、泉美木蘭に改名。
  • コウメとの間に一児を出産している。
  • 2009年7月-9月には、コウメとともに妻として「キズナ食堂」(TBS)に出演。

エピソード[編集]

  • 2000年、東京都内の企画会社に入社するも、同社の倒産により無職となる。同年、24歳で東京都新宿区にてイベント企画会社を設立。アート企画展、ティーンズ誌ディレクションなどを行うも資金繰りの悪化により2002年に倒産。泉美は1000万円の借金を背負い、SMクラブのM嬢として働きはじめる。同時にホームページを開設し、日記を連載する。
  • 2004年、ホームページ内のコンテンツが書籍化され、作家活動を開始する。
  • 作家デビュー以前に使用していたペンネームは「焼野原グリコ」だった。著作『エム女の手帖』にて解説者の松尾スズキにより暴露されている。
  • 2005年ごろよりライターとして週刊SPA!にて裏社会、OL特集など数多く取材執筆している。
  • 2007年、お笑い芸人のコウメ太夫と婚姻、同年、一児を出産している。婚姻中は夫がコウメであることは公表されていなかった。コウメの結婚報道の際は「元OLの一般女性」とされていた。
  • 2009年11月、『紙の爆弾』(鹿砦社)にてコウメとの夫婦関係の悪化、泉美の家出、軋轢の原因が泉美の執筆活動にあったことなどを特集した記事が掲載された。この記事に対して、泉美は「一方的なバッシングであり非常に遺憾である」とコメントしている。
  • 2009年12月、『本人』(太田出版)にて自身の結婚から離婚に至るまでの短編小説を発表しており、コウメをモチーフにしたことが明らかととられるお笑い芸人との出会い、結婚、家出、離婚までの模様を綴っている。
  • 2011年より東日本大震災取材活動をきっかけとし、漫画家小林よしのり主催のゴー宣道場に参加している。

作品[編集]

  • 『オンナ部 M嬢すみれのちんぴんファイル』(2006年・バジリコ)
  • 『会社ごっこ』(2008年・太田出版
  • 『こうゆう駄目。』(2009年・太田出版
  • 『エム女の手帖』(2010年・幻冬舎

連載誌[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]