泉布観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
泉布観

泉布観(せんぷかん)は、大阪市大川沿いにある大阪府で現存する最古の洋風建築。国の重要文化財

概要[編集]

1871年(明治4年)に造幣寮(現在の造幣局)の応接所として建設された。設計者はトーマス・ウォートルス。完成の翌年に明治天皇行幸し、貨幣を意味する「泉布」と館を意味する「観」から泉布観と命名。明治天皇自身も3回も訪れ、皇族や外国の要人を数多く迎えた。

1917年(大正6年)には大阪市に移管され、1956年(昭和31年)には国の重要文化財に指定された。1962年~1964年(昭和37年~39年)には保存のために補修工事が施された。

現在は、毎年春分の日前後にのみ一般公開されているが、大阪市は2010年度よりふるさと納税の寄付金を原資として、外観補修や庭園整備を行い[1] [2]2013年3月29日から31日に3年ぶりに内部を公開し[3]、4月15日より外観の常時公開を行う予定である。

また、敷地内に隣接する旧桜宮公会堂(旧造幣寮鋳造所正面玄関、旧ユースアートギャラリー)では民間活力を利用し、2013年4月15日よりパーティーレストラン「旧桜宮公会堂」として一般に公開されることとなった。

建物[編集]

国産の煉瓦造りの2階建てで、「ヴェランダ・コロニアル」という形式。建物の外周には花崗岩の柱が「トスカナ式」という形態で立っている。

内装も美しく、天井が高く、シャンデリアが設置されている。2階の部屋には楕円形の暖炉が設置されていて、床にはタイル張りのようにみえるペンキで描かれた市松模様がある。また、玉座の間もある。なお、トイレは水洗式だった。

現在の部屋の内装は1908年(明治41年)の施されたものが残っている。

所在地・アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪市報道発表資料 重要文化財「泉布観」の再生・活用に取り組みます 2010年2月18日
  2. ^ 大阪市報道発表資料 「泉布観地区」旧桜宮公会堂の活用事業予定者を変更します 2012年2月10日
  3. ^ 重要文化財「泉布観」を一般公開します

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分53.26秒 東経135度31分17.06秒 / 北緯34.6981278度 東経135.5214056度 / 34.6981278; 135.5214056