沼隈郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

沼隈郡(ぬまくまぐん)は、広島県の沼隈半島付近にあった

当初の郡域は、現在の福山市の一部を含んでいた。郡役所は深津郡(後に安那郡と合併して深安郡)と共同で深津郡福山町(現福山市中心部)に置かれ、1898年に独自の郡役所を鞆町(現福山市鞆町)に置いた。

1954年に松永町ほか6村が合併・市制施行して松永市になった(その後1966年に福山市と対等合併して消滅)。その後も所属する町村が次々と福山市・尾道市へ編入されていった。

消滅直前まで、以下の1町を含んでいた。

2005年2月1日、同町が福山市に編入され消滅した。

沼隈郡に属していた町村(1889年の市町村制施行当時)[編集]

  • 鞆町(ともまち)
  • 赤坂村(あかさかむら)
  • 今津村(いまづむら)
  • 浦崎村(うらさきむら)
  • 神村(かむら)
  • 神島村(かしまむら)
  • 金江村(かなえむら)
  • 草戸村(くさどむら)
  • 熊野村(くまのむら)
  • 郷分村(ごうぶんむら)
  • 佐波村(さばむら)
  • 山南村(さんなむら)
  • 山波村(さんばむら)
  • 瀬戸村(せとむら)
  • 高須村(たかすむら)
  • 田島村(たしまむら)
  • 田尻村(たじりむら)
  • 千年村(ちとせむら)
  • 津之郷村(つのごうむら)
  • 西村(にしむら)
  • 走島村(はしりじまむら)
  • 東村(ひがしむら)
  • 藤江村(ふじえむら)
  • 本郷村(ほんごうむら)
  • 松永村(まつながむら)
  • 水呑村(みのみむら)
  • 百島村(ももしまむら)
  • 柳津村(やないづむら)
  • 山手村(やまてむら)
  • 横島村(よこしまむら)

(以上1町29村。郡役所は沼隈・深津両郡合同のものが深津郡福山町に置かれ、沼隈郡内には置かれなかった〔~1898年〕)

沿革(1889年以降)[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行。(1町29村)
  • 1898年(明治31年)10月1日 - 沼隈郡役所が鞆町に置かれる。
  • 1900年(明治33年)3月3日 - 松永村が町制施行し松永町(初代)になる。(2町28村)
  • 1926年(大正15年)11月1日 - 今津村が町制施行し今津町になる。(3町27村)
  • 1933年(昭和8年)1月1日 - 神島村・草戸村・佐波村が福山市に編入。(3町24村)
  • 1939年(昭和14年)7月1日 - 山波村が尾道市に編入。(3町23村)
  • 1942年(昭和17年)7月1日(3町19村)
    • 郷分村・山手村が福山市に編入。
    • 鞆町(初代)・田尻村・走島村が合併し、鞆町(2代)が発足。
  • 1947年(昭和22年)8月1日 - 水呑村が町制施行し水呑町になる。(4町18村)
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 今津町・松永町が合併し、松永町(2代)が発足。(3町18村)
  • 1954年(昭和29年)3月31日 - 松永町・神村・金江村・東村・藤江村・本郷村・柳津村が合併し、松永市が発足、郡より離脱。(2町12村)
  • 1955年(昭和30年)2月1日 - 高須村・西村が尾道市に編入。(2町10村)
  • 1955年(昭和30年)3月31日(4町6村)
    • 田島村・横島村が合併し、内海町が発足。
    • 山南村・千年村が合併し、沼隈町が発足。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 百島村が尾道市に編入。(4町5村)
  • 1956年(昭和31年)9月30日 - 鞆町・水呑町・赤坂村・熊野村・瀬戸村・津之郷村が福山市に編入。(2町1村)
  • 1957年(昭和32年)1月1日 - 浦崎村が尾道市に編入。(2町)
  • 2003年(平成15年)2月3日 - 内海町が福山市に編入。(1町)
  • 2005年(平成17年)2月1日 - 沼隈町が福山市に編入。同日沼隈郡消滅。

変遷表[編集]

関連項目[編集]