油田の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

油田の一覧(ゆでんのいちらん)を示す。

以下に示すのは世界の大型油田及び日本国内の油田の一覧である。 埋蔵量5千万バレル以上を大油田、5億バレル以上を巨大油田、50億バレル以上を超巨大油田と呼ぶ。

中東[編集]

名称 位置・国名 発見 生産開始 生産ピーク 可採埋蔵量(10億バレル) 生産量(100万バレル/日) 備考
ガワール油田 サウジアラビア 1948年[1] 1951年[1] 75-83[2][3] 5 埋蔵量、生産量共に世界最大の油田。面積は四国の面積に匹敵する。本油田は平均日量500万バレルという世界最大の生産量を30年以上続けており、今後もしばらくはこの水準を維持すると見られることから、究極可採埋蔵量は1000億バレルを超えると思われる。
サファーニア・カフジ油田 サウジアラビア/分割地帯 1951年 30 クウェートとの中立地帯沖合のカフジ油田はかつて日本のアラビア石油が権益を保持していた油田で、サウジアラビア領海のサファーニア油田とつながっている。
シャイバー油田 サウジアラビア 15
アブカイク油田 サウジアラビア 12 0.43[4]
ベリ油田 サウジアラビア 12
マニファ油田 サウジアラビア 11
ファルーザン・マージャン油田 サウジアラビア/イラン 10
ブルガン油田 クウェート 1938年 1948年 2005年[5] 66-72[6][3] 1.7 湾岸戦争時にイラク軍によって火をつけられた油田である。その時に失われた埋蔵量は30億バレルに上ると見られる(これだけで巨大油田の埋蔵量に匹敵する)
ラウダタイン油田 クウェート 1955年[7] 1960年 11
サブリヤ油田 クウェート 1956年[7] 1967年 3.8-4
ミナギシュ油田 クウェート 1959年[7] 1961年 2
フェルドーズ/マウンド/ザーゲ油田[8] イラン 2003年 7-9 (埋蔵量380バーレル)[9] 三ヶ所の油田
アーザーデガーン油田 イラン 1999年 26
エスファンデア油田 イラン 30
アフワズ油田 イラン 1958年 1970年代[10] 10.1 .80[11] ガス注入により産出量拡大。[12]
アガジャリ油田 イラン 1936年 14
ガッチサラン油田 イラン 15
マルン油田 イラン 16
ルマイラ油田 イラク 1953年 17[13] 1.3[13]
キルクーク油田 イラク 1927年 1934年 8.5 .480
マジヌーン油田 イラク 11-20[13] .5[13]
西クルナ油田 イラク 1973年 15-21 [13] 0.18-.25 (pot.)*内戦状態 [13]
東バグダッド油田 イラク 1976年 8 [13] 0-.05 (pot.)*内戦状態 [13]
アワリ油田 バーレーン 1 3.5[14]
ザクム油田 アラブ首長国連邦 1963年[15][16] 1967年 12
バブ油田 アラブ首長国連邦 1953年
ブハサ油田 アラブ首長国連邦 1962年
ウムシャイフ油田 アラブ首長国連邦
ドゥカン油田 カタール 2.2
イーバル油田 オマーン 1
アブ・サアファ油田 オマーン 6.1
アリフ油田 イエメン

アジア・オセアニア[編集]

名称 位置・国名 発見 生産開始 生産ピーク 可採埋蔵量(10億バレル) 生産量(100万バレル/日) 備考
キングフィッシュ油田 オーストラリア 1.2
ハリバット油田 オーストラリア 1
エスイーマナンダ油田 パプアニューギニア 1
カラマイ油田 中華人民共和国 1955年 1957年
大慶油田 中華人民共和国 1959年 1963年 16
冀東油田 中華人民共和国 2.2
塔河油田 中華人民共和国 8
南堡油田 中華人民共和国 7.35
勝利油田 中華人民共和国 1962年
遼河油田 中華人民共和国 1973年
タリム油田 中華人民共和国
セリア油田 ブルネイ
ミリ油田 マレーシア
ミナス油田 インドネシア
アタカ油田 インドネシア 1970年 1972年
バクホー油田 ベトナム 1975年 2
ムンバイハイ油田 インド 6.1[17]
マンガラ油田 インド 3.6[18]
トゥート油田 [19] [20] パキスタン 1

アフリカ[編集]

名称 位置・国名 発見 生産開始 生産ピーク 可採埋蔵量(10億バレル) 生産量(100万バレル/日) 備考
ハシメサウド油田 アルジェリア 9
ダリア油田 アンゴラ 1
ベライム油田 アンゴラ >1
ザフィロ油田 アンゴラ 1995年[21] 1996年 1
サリール油田 リビア 12.6
ゼルテン油田 リビア 2.5
アグバミ油田 ナイジェリア 0.8-1.2
ボンガ油田 ナイジェリア 1.4
サザン油田 カメルーン
ボル油田 スーダン
ドバ油田 チャド
クイル油田 コンゴ共和国
ラコウビンガ油田 ガボン
ザフィーロ油田 赤道ギニア
ボードロア・マリン油田 赤道ギニア

ヨーロッパ・ロシア[編集]

名称 位置・国名 発見 生産開始 生産ピーク 可採埋蔵量(10億バレル) 生産量(100万バレル/日) 備考
サモトロール油田 ロシア西シベリア 1965年 1969年 1980年[22] 14-16 .844 [23] cum. depletion: 73%[23]
ロシア最大の油田。一時は日産300万バレルを超えるサウジアラビアのガワール油田に次ぐ生産量を誇ったが、初期から水攻法を導入した無理な増産によって生産量は急速に減退した。
ロマシュキノ油田 ロシアヴォルガ・ウラル 1948年 1949年 減少中 16-17 .301 (2006) [23] cum. depletion: 85% [23]
プリオブスコヤ油田 ロシア西シベリア 1982年 2000年 13 0.680 (2008) 生産拡大中。[24]
リャントルスコヤ油田 ロシア西シベリア 1966年 1979年 13 0.168 (2004) [23] cum. depletion: 81% [23]
フョードロフスコヤ油田 ロシア西シベリア 1971年 1974年 11 1.9 (197x)
ヴァンコール油田 ロシア 1983年 2009年 3.8[25]
Vatyeganskoye Field ロシア 1.4
Tevlinsko-Russkinskoye Field ロシア 1.3
Sutorminskoye Field ロシア 1.3
Urengoy group ロシア 1
Ust-Balykskoe Field ロシア >1
Tuymazinskoe Field ロシア 3
Arlanskoye Field ロシア >2
South-Hilchuy Field ロシア 3.1
North-Dolginskoye Field ロシア 2.2
Nizhne-Chutinskoe Field ロシア 1.7
South-Dolginskoye Field ロシア 1.6
プリラズロムノエ油田 ロシア 1.4
West-Matveevskoye Field ロシア 1.1
Sakhalin Islands ロシア 14
Odoptu ロシア 1
Arukutun-Dagi ロシア 1
サハリン2サハリンプロジェクト ロシア 1
Ayash Field East-Odoptu Field ロシア 4.5
Verhne-Chonskoye Field ロシア 1.3
タラカン油田 ロシア 1.3
North-Caucasus Basin ロシア 1.7
ルスコエ油田 ロシア 2.5
Kamennoe Field ロシア 1.9
Mamontovskoye Field ロシア 8
バクー油田 アゼルバイジャン
アゼリ・チラグ・グネシュリ油田 アゼルバイジャン 5.4
テンギス油田 カザフスタン 1979年 1993年 26-40 0.45
カラチャガナク油田 カザフスタン 2.5
カシャガン油田 カザフスタン 2000年 30 [26]
クルマンガジー油田 カザフスタン 6-7
ダルハン油田 カザフスタン 9,5
Zhanazhol Field カザフスタン 3
ウゼン油田 カザフスタン 7
カラムカス油田 カザフスタン 3,2
Zhetybay Field カザフスタン 2,1
ヌルスルタン油田 カザフスタン 4,5
カパズ油田 トルクメニスタン
ナヴァーイー油田 ウズベキスタン
ブハラ油田 ウズベキスタン
プロエシュチ油田 ルーマニア
エコーフィスク油田 ノルウェー 1969年 1971年 3.3
トロール油田 ノルウェー 1.4
スタートフィヨルド油田 ノルウェー 1974年 1979年 1987年 3.4 油田としては晩年期を迎えており生産は減少。2020年過ぎまで操業予定[27]
ガルファクス油田 ノルウェー 1978年 1986年 2.1
オゼベルグ油田 ノルウェー 2.2
スノーレ油田 ノルウェー 1.5
フォーティーズ油田 イギリス 5
クレア油田 イギリス 1.75

アメリカ州[編集]

名称 位置・国名 発見 生産開始 生産ピーク 可採埋蔵量(10億バレル) 生産量(100万バレル/日) 備考
カンタレル油田 メキシコ 1976年 1981年 2004年[28] 35[3], 埋蔵量180億バレル .772 [29] 214万バレル/日(2004年ピーク時生産量)[29]
チコンテペック油田 メキシコ 1926年 6.5 [29] (埋蔵量190億バレル以上)[30]
ボリバーコースタル油田 ベネズエラ 1917年 30-32[3] 2.6-3[3]
ボスカン油田 ベネズエラ 1.6
マーリム油田 ブラジル 1985年 4 近傍マーリム・スル油田との合計推定
シュガーローフ油田 ブラジル 2007年 25-40[31] 未生産
トゥピ油田 ブラジル 2007年 5-8
クピアグア/クシアナ油田 コロンビア 1990年代 1
シュシュフィンディ油田 エクアドル
ラゴアグリオ油田 エクアドル
パタゴニア油田 アルゼンチン
プルドーベイ油田 アメリカ合衆国アラスカ州 1968年 1977年 13 0.9 合衆国最大の油田。アラスカを横断するパイプライン環境問題で採掘開始が遅れたが、石油危機後生産開始された。
SACROC アメリカ合衆国 1.5
イェーツ油田 アメリカ合衆国 1926年 1926年 1929年 3.0 (2.0 billion recovered; 1.0 reserve remaining)[32][33]
クパルク油田 アメリカ合衆国 1969 6
Alpine アメリカ合衆国 0.4-1
東テキサス油田 アメリカ合衆国 1930年 6
Spraberry Trend アメリカ合衆国 10[34]
ウィルミントン油田 アメリカ合衆国 3
サウスベルリッジ油田 アメリカ合衆国 2[35]
コアリンガ油田 アメリカ合衆国カリフォルニア州 1
エルクヒルズ油田 アメリカ合衆国カリフォルニア州 1.5[35]
カーンリバー油田 アメリカ合衆国カリフォルニア州 2.5[35]
ミッドウェー・サンセット油田 アメリカ合衆国 3.4[35]
サンダーホース油田 アメリカ合衆国 >1
ドレーク油田 アメリカ合衆国
ペンビナ油田 カナダアルバータ州 1953年 1953年 2.2 0.04 カナダ陸上最大の油田。
スワンヒルズ油田 カナダアルバータ州
レインボーレイク油田 カナダアルバータ州
ハイバーニア油田 カナダニューファンドランド・ラブラドール州 1979年 1997年 3 0.2 大西洋大陸棚(水深101m)に位置するカナダ最大で北米大陸大西洋岸最大の油田[36]
テラ・ノヴァ油田 カナダニューファンドランド・ラブラドール州 1984年 2002年 1.0

日本[編集]

名称 位置・国名 発見 生産開始 生産ピーク 可採埋蔵量(10億バレル) 生産量(100万バレル/日) 備考
茨戸油田 日本北海道 1956年 1958年 1971年生産終了
勇払油ガス田 日本北海道 1994年
鮎川油ガス田 日本秋田県 1989年 1995年
由利原油ガス田 日本秋田県 1976年 1984年
申川油田 日本秋田県 1958年
余目油田 日本山形県 1960年 1960年
尼瀬油田 日本新潟県 1891年 生産終了
大面油田 日本新潟県 1916年 1963年生産終了
新津油田 日本新潟県 1874年 1917年 1996年生産終了
岩船沖油田 日本新潟県 1983年 1990年
東新潟油ガス田 日本新潟県 1959年
阿賀沖油ガス田 日本新潟県 1972年 1976年 1998年生産終了
田麦山油田 日本新潟県 1957年 1958年 1962年 0.00028 生産終了。年産16,000kl
浅川油田 日本長野県 1973年生産終了
相良油田 日本静岡県 1873年 1874年 1884年 生産終了

注釈[編集]

  1. ^ a b The Elephant of All Elephants” (English). AAPG. 2009年11月3日閲覧。
  2. ^ Oil Supply and Demand” (English). 2009年11月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e The List: Taking Oil Fields Offline” (English). 2006年8月閲覧。
  4. ^ The Impact of the Abqaiq Attack on Saudi Energy Security” (English). 2009年11月3日閲覧。
  5. ^ “Burgan Field: Kuwait's Biggest Oil Field Starts to Run Out of Oil” (English). http://www.mindfully.org/Energy/2005/Burgan-Field-Kuwait12nov05.htm 2005年11月12日閲覧。 
  6. ^ Oil Supply and Demand” (English). 2009年11月3日閲覧。
  7. ^ a b c GCCにおける石油・ガス開発の現状:クウェイト”. 2009年11月3日閲覧。
  8. ^ イラク戦争時における湾岸産油国の石油政策調査”. 2009年11月3日閲覧。
  9. ^ Iran's oil bonanza and its problems” (English). 2009年11月3日閲覧。
  10. ^ Blackwell Energy Research Oil and Energy Trends
  11. ^ イラン、イラクの石油開発の大きな魅力 (PDF)”. 2009年11月3日閲覧。
  12. ^ [1]
  13. ^ a b c d e f g h DOE: Iraq Energy Data”. 2007年8月1日閲覧。
  14. ^ バハレーン:鉱区公開(続報)”. 2009年11月3日閲覧。
  15. ^ Geology and Development of Thamama Zone 4, Zakum Field” (English). 2009年11月3日閲覧。
  16. ^ ザクム油田”. 2009年11月3日閲覧。
  17. ^ India Electric Power
  18. ^ Cairn delays output from Indian oilfield
  19. ^ Canadian Firm to Develop Pakistan Oilfield - PakPositive
  20. ^ RIGZONE - International Sovereign Energy Inks Deal for Toot Oilfield
  21. ^ アフリカ: 新たに脚光を浴びるアフリカ大西洋岸 ~西アフリカ深海・大水深~ JOGMEC”. 2009年11月3日閲覧。
  22. ^ Alexander's Gas & Oil Connections - TNK to revive Samotlor oil field
  23. ^ a b c d e f DOE: Russia Energy Data (data from 2006)”. 2008年6月10日閲覧。
  24. ^ Alexander's Gas & Oil Connections - Yukos to double output from Priobskoye field
  25. ^ “Russia launches Vankor oilfield, eyes China market”. Forbes. (2009年8月21日). http://www.forbes.com/feeds/reuters/2009/08/21/2009-08-21T164618Z_01_LL714287_RTRIDST_0_RUSSIA-OIL-VANKOR-UPDATE-2.html 2009年8月22日閲覧。 
  26. ^ http://www.kmg.kz/index.cfm?tid=24
  27. ^ StatoilHydro. “Statfjord late life”. 2010年7月30日閲覧。
  28. ^ “Mexico Oil Production going down January 2007”. http://www.eluniversal.com.mx/finanzas/55660.html 
  29. ^ a b c “Mexico Energy Data” (English). http://in.reuters.com/article/rbssEnergyNews/idINN0328754020090303 2007年12月20日閲覧。 
  30. ^ Mexico's northern region launches massive development - Pemex Exploration and Production - Statistical Data Included” (English). 2009年11月3日閲覧。
  31. ^ Three supergiant fields discovered offshore Brazil” (English). 2009年11月3日閲覧。
  32. ^ University of Texas Oil Connections
  33. ^ NASA picture from space; barrel 2 billion from the field was filled in 1995
  34. ^ [http://www.eia.doe.gov/pub/oil_gas/natural_gas/data_publications/crude_oil_natural_gas_reserves/current/pdf/appb.pdf Top 100 Oil and Gas Fields (U.S. Department of Energy)
  35. ^ a b c d California Department of Conservation, Oil and Gas Statistics
  36. ^ [2]