河野典生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

河野 典生(こうの てんせい、1935年1月27日 - 2012年1月29日)は、日本の小説家。本名は河野典生(こうの のりお)。高知県高知市生まれ。遠い親戚に安岡章太郎がいる。

明治大学仏文科中退。在学中から詩、戯曲、幻想小説等を書き始め、戯曲「墜ちた鷹」を「三田文学」に掲載し、劇団活動も行っていた。またアルバイトでラジオドラマの脚本を多数執筆した。

1959年、日本テレビの番組「夜のプリズム」の脚本公募に作品「ゴウイング・マイ・ウェイ」で応募して佳作入選し、雑誌「宝石」に掲載される。翌1960年に短編集『陽光の下、若者は死ぬ』を出版しデビューする。1963年刊行の『殺意という名の家畜』で日本推理作家協会賞を受賞した。大薮春彦とともに、日本のハードボイルド小説の先駆者となる。

だが1965年から沈黙、その間に学生時代から書いていた幻想小説の構想を練り、1967年に『SFマガジン』に幻想的短編「美しい芸術」「機関車、草原に」を発表する。以降、自然と文明とが溶け合う、不思議なイメージの短編作品を多数発表し、幻想派のSF作家として認知される。1974年刊行の『街の博物誌』が代表作である。

その後、ハードボイルドと幻想小説とを並行して執筆する。ミステリのパロディ作品『アガサ・クリスティ殺人事件』『アルタの鷹』もある。

熱狂的なジャズ・ファンでもあり、角川小説賞を受賞した『明日こそ鳥は羽ばたく』はジャズを取り込んだ小説である。また、大ファンであった山下洋輔とは親交を結び、共著を刊行している。ともにジャズファン、山下ファンということで、筒井康隆とも親交があった。

晩年は執筆活動をしていなかった。

2012年1月29日、嚥下性肺炎のため死去[1]。77歳没。

受賞歴[編集]

著作[編集]

  • 陽光の下、若者は死ぬ (荒地出版社 1960年 のち角川文庫)
  • アスファルトの上 (光風社 1961年)
  • 黒い陽の下で (浪速書房 1961年)
  • 殺人群集 (光風社 1961年 のち徳間文庫)
  • 憎悪のかたち (七曜社 1962年)
  • ザ・サムライ (桃源社 1963年)
  • 殺意という名の家畜 (宝石社 1963年 のち角川文庫、双葉文庫)
  • 残酷なブルース (芸文社 1964年)
  • ガラスの街 (三一書房 1969年)
  • 他人の城 (三一書房 1969年 のち講談社文庫)
  • 海底の人魚 (新風出版社 1969年)
  • 夢からの脱走 (新風出版社 1969年)
  • 緑の時代 (早川書房 1972年 のち角川文庫、ハヤカワ文庫)
  • 狂熱のデュエット ジャズ小説集 (角川文庫、1973年)
  • ペインティング・ナイフの群像 (新潮社 1974年)
  • 街の博物誌 (早川書房 1974年 のち文庫)
  • いつか、ギラギラする日々 (文藝春秋 1974年 のち集英社文庫)
  • 群青 (角川文庫 1974年)
  • 陽だまりの挽歌 (角川書店 1974年)
  • 真昼のアドリブ (小説+エッセイ 潮出版社 1975年)
  • 明日こそ鳥は羽ばたく (角川書店 1975年 のち集英社文庫)
  • わが大地のうた インド四部作 (徳間書店 1975年)
  • 悪漢図鑑 (光風社書店 1976年 のち集英社文庫)
  • 探偵はいま鉄板の上 (祥伝社 1976年 のち徳間文庫)
  • ジャズの本 (青樹社 1977年)
  • さらば、わが暗黒の日々 (双葉新書 1977年6月 のち集英社文庫)
  • 迷彩の森 (実業之日本社 1977年6月 のち講談社文庫)
  • デンパサールの怪鳥 (カイガイ出版部 1978年4月 のち集英社文庫)
  • 続・街の博物誌 (早川書房 1979年7月)
  • インド即興旅行 ヤマシタ・コーノ・ライブ・イン・インディア (山下洋輔共著 徳間書店 1979年12月 のち徳間文庫)
  • カトマンズ・イエティ・ハウス (講談社 1980年4月)
  • 町の案内図 声、そして彼らの旅 (徳間書店 1980年4月)
  • ルーシーは爆薬持って空に浮かぶ (集英社 1981年12月)
  • さらば、わが暗黒の日々 (集英社 1983年11月)
  • アガサ・クリスティ殺人事件 (祥伝社 1983年4月)
  • 幻夢・肥満狂死曲 (祥伝社 1985年11月)
  • 怪人・毛酔翁(マオランニー)の逆襲 (祥伝社 1986年5月)
  • アルタの鷹 (大陸書房 1989年3月)
  • 芸能界考現学 イメージの中を生きる 松田聖子ビートたけしから、山瀬まみ所ジョージへ (大陸書房 1990年6月)

映画化作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高知市出身の小説家 河野典生さん死去 高知新聞2012年2月28日閲覧