河田純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

河田 純子(かわだ じゅんこ、1974年11月22日 - )は、日本アイドルシンガーソングライター女優エステティシャンである。本名、大山 純子(おおやま じゅんこ)旧姓、河田(かわ )。1990年代に活躍した。秋田県秋田市飯島字鼠田出身。血液型はO型。日出女子学園高校卒業。女子栄養大学短期大学部卒業。

略歴

第2回東鳩オールレーズンプリンセスコンテストで準優勝(優勝は、麻田華子)し、これをきっかけに、13歳でテレビデビュー後、シングル9枚、アルバム3枚をリリース。アイドル冬の時代といわれた同期アイドル歌手デビューに田村英里子深津絵里中山忍島崎和歌子千葉美加川越美和などがいた。

1989年中山忍田山真美子と共に、ユニット楽天使を結成。

1990年には、前述の楽天使に、宍戸留美Lip's(加藤貴子山本京子吉村夏枝)の4人を加えたユニット七つ星のメンバーとしても活躍した。

1991年以降、長らく芸能活動を休止していたが、2005年11月、LENPHa(レンファ)の樹凛花(ジュリカ)として活動を限定再開。LENPHaとしての活動は2006年4月29日に終了となったが、同年8月6日渋谷 27destinyで『一夜限定復活ライブ』(同窓会)を開催し、11年振りにオリジナル曲を披露。「輝きの描写」、「HERO GIRL」、「架空の恋人たち」、「シ・ン・ユ・ウ」、「Never Mind」、「終わらない時間」などをはじめとしたシングル曲、アルバム曲を多数披露。会場には山口弘美江崎まり近藤名奈が駆けつけた。

2009年12月14日表参道FABにて、現役当時の楽曲提供者伊秩弘将の勧めもあり、プロデュースイベントIJICHI's Living Door Vol.15の登場5組の最後に出演。楽天使時代の曲である「天使たちのシンフォニー」をはじめ、伊秩弘将楽曲の「四月の舗道」(本人作詞)、「放課後シャッフル」、「終わらない時間」、「シ・ン・ユ・ウ2」、七つ星時代の曲である「クリスマスコーリング」、「輝きの描写」、「MAXIMUM」、「P.S.また逢いたい」等多数の曲を披露。アンコールもあり50分の中でオリジナル曲、アルバム曲、ユニット曲を組み合わせ、多くの曲を歌った。

2010年9月20日、自身のブログで総合格闘家大山峻護との結婚を発表し、同9月22日入籍した。

2013年4月17日、闘病生活をしている作詞家の みじゅ を元気付けるために、みじゅ が作詞した曲「笑顔」、「あいたくて」(作曲/ 編曲=北岡継理)の限定CDをトータルプロデューサー小村大樹氏の手により発表。曲はyoutubeで聞くことができる。

人物・エピソード

  • ニックネームは「ジュンジュン(JUN2)」
  • 読書家である。様々なジャンルの本を読んでいて、高校受験勉強の際には芥川龍之介の本を読み、恋に落ちてしまった経験を持つ。
  • 視力はあまり良くない。(教室の後ろのほうから黒板の字が見えない程度)
  • 同じ高校に通っていたアイドルグループCoCoのメンバーであった大野幹代と仲が良く、仕事が忙しくプライベートで遊ぶことが難しい状態ではあったが「卒業までに2人で泊りがけの旅行したいね」と約束をする仲だった。また、トークの際にワンテンポ遅れてしまいがちな河田に素早いツッコミの仕方を教えていたのは大野だった。
  • 雑誌の対談にて、お互いの性格について仲が良いから言える率直な意見を述べる場面にて、大野は「純ちゃんって本とかイッパイ読んでてすごくいいと思うんだけど、ただあんまりおとなしすぎるのもね。もっと若いときは友達とワイワイ騒いでもいいんじゃないかな」と河田の性格について述べている。
  • 楽天使のメンバーであった中山忍は河田について、「純子ちゃんってホントに可愛い。一生懸命に考えるでしょ。何でかって言うと、何かを伝えたい時に、それをどうしても伝えたいから、どうしようどうしよう、って考える姿が一生懸命なの」と述べている。
  • 前述のプロデュースイベント IJICHI's Living Door Vol.15 に関して、平日であり大規模な告知がなかったにも関わらず、河田を見に来たファンによって会場が満員状態であったため、伊秩弘将とのMCで「アイドルまたやったら?」と勧められるという一幕があった。
  • 児童福祉方面の支援にも力を入れており、上述のイベントによる収入約18万円をクリスマスケーキ、文房具、絵本、お菓子等の代金とし、様々な都内の児童福祉施設にいる200人以上の子どもたちへのクリスマスプレゼントとして配送した。そのことについて自身のブログでは、『職員さんが「こんなに大きなケーキはいただいたことがないです」と喜んでいらっしゃったのも嬉しかったです。みなさんのおかげです。』と、ファンへの感謝の言葉を述べている。

音楽

全てCBSソニー(現ソニー・ミュージックレコーズ)からリリース。

シングル

  • 輝きの描写(スケッチ) 1989.3.1
  • 君の夢のために 1989.5.12
  • ステキに わ・が・ま・ま 1989.7.21
  • HERO GIRL 1989.11.22
  • 架空の恋人たち 1990.3.21
  • シ・ン・ユ・ウ 1990.8.1 (TBS系ドラマ『夏色のアルバム』主題歌)
  • NEVER MIND 1990.11.1
  • 終わらない時間(とき) 1991.2.1
  • 白い色は恋人の色 1991.10.25(原曲はベッツィ&クリス白い色は恋人の色」参照)
  • 笑顔 / あいたくて 2013.4.17(200枚限定)

アルバム

  • あしたげんきになあれ 1989.8.21
  • Jun mind 1990.6.21
  • プロローグ 1991.3.1
  • GOLDEN☆BEST limited 2011.3.21

その他

楽天使七つ星LENPHaの活動でもシングル曲、及びアルバムが存在する。(詳細は各ページにて)

写真集

  • でかダンク河田純子 中学生の決意! 1989.11.30
  • キャッチミー! 1991.3.20
  • HighGrade 1991.11.25
  • IntermissioN 1992.6.5

出演

テレビ番組

外部リンク