河成蘭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
河成蘭
誕生 1967年[1]
ソウル特別市
職業 小説家
言語 韓国語
国籍 韓国の旗 韓国
教育 ソウル芸術大学文芸創作学科
活動期間 1996年 -
ジャンル 小説
処女作 (草)
テンプレートを表示
河成蘭
各種表記
ハングル 하성란
漢字 河成蘭
発音: ハ・ソンラン
英語表記: Ha Seong Ran
テンプレートを表示

河成蘭(Ha Seong Ran、ハ・ソンラン、1967年- )は韓国小説家ソウル特別市出身。[1][2]

略歴[編集]

1967年ソウル特別市に生まれる。1996年、『ソウル新聞』新春文芸に短編小説『(草)』が当選し、文壇デビューした。 河の小説には主に資本主義社会から疎外された人物の無気力感と現代人の肖像が描かれている。この人物たちは他人とうまくコミュニケーションできず、孤独な内面を持っている。河はこのような人物に密着し、その内面を非常に繊細に描いている。精密描写方式は河の独特な技法である。河の描写は周りの平凡な人物とその日常に対する徹底した観察に基づいているため決して冗漫ではなく、短文の形式を取っていて軽快な感じを受ける。

また、河の最近の作品は、人物の範囲を超えて社会問題と事件に深い興味を示している。『푸른 수염의 첫 번째 아내(青い髭の最初の妻)』に収録された11編の小説は実際に新聞の社会面で報道されそうな事件を素材にしている。しかし、残酷な事件を言及しながらも河は感情を過度に表現せず、事件と関係のある人物の悲しみと苦しみを淡々と描写している。河にとっての描写は、本質と真実に到達する、速度は遅いが正確な方法だといえる。結果、河の作品を通じて読者は世界を見る一つの洞察を得ることになる。

年譜[編集]

代表作品[編集]

  • 1996年、(草)[3][4]
  • 1997年、루빈의 술잔(ルビンの杯)
  • 1998年、식사의 즐거움(食事の楽しさ)
  • 1999年、옆집 여자(隣の女)
  • 2000年、삿뽀로 여인숙(札幌宿屋)
  • 2001年、내 영화의 주인공(私の映画の主人公)
  • 2002年、푸른 수염의 첫 번째 아내(青い髭の最初の妻)
  • 2006年、웨하스(ウェハース)、소망 그 아름다운 힘(願い、その美しい力)
  • 2010年、왈왈(ワンワン) 、A
  • 2013年、여름의 맛(夏の味)、아직 설레는 일은 많다(まだときめくことは多い)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2014年閲覧。
  2. ^ [1] 한국문학번역원 문인DB 하성란 2014年閲覧。
  3. ^ [2]NAVER(韓国現代文学大辞典)] 2014年閲覧。
  4. ^ [3] NAVER(韓国女性文人辞典) 2014年閲覧。