沖縄県道34号宜野湾西原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 都道府県道 > 沖縄県道34号宜野湾西原線
一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
沖縄県道34号標識
沖縄県道34号宜野湾西原線
起点 宜野湾市大謝名
終点 中頭郡西原町字内間
接続する
主な道路
記法
国道58号
国道330号
沖縄県道29号那覇北中城線
国道329号
国道331号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

沖縄県道34号宜野湾西原線(おきなわけんどう34ごう ぎのわんにしはらせん)は沖縄県宜野湾市大謝名と中頭郡西原町字内間とを結ぶ一般県道

概要[編集]

区間[編集]

通過自治体[編集]

  • 宜野湾市-中頭郡西原町

交差する路線[編集]

主要施設[編集]

路線バス[編集]

大謝名 - 我如古間は那覇バスターミナルから宜野湾市内の国道330号を経由して沖縄市うるま市方面ゆきの路線が主に通っており、本数はかなり多い。一方我如古以東は乗り入れてはいるものの1日2 - 4本しかない。

宜野湾市大謝名 - 我如古間を通る路線

  • 27番・屋慶名(大謝名)線(琉球バス交通沖縄バス
  • 52番・与勝線(沖縄バス)
  • 61番・前原線(沖縄バス)
  • 80番・与那城線(沖縄バス)
  • 227番・屋慶名おもろまち線(琉球バス交通・沖縄バス)

宜野湾市大謝名 - 真栄原間を通る路線

  • 22番・こどもの国宮里線(琉球バス交通)
  • 110番・長田具志川線(琉球バス交通)

宜野湾市真栄原 - 我如古間を通る路線

  • 25番・普天間空港線(那覇バス) 中城経由は我如古 - 西原町上原間も通る
  • 88番・宜野湾線(琉球バス交通)
  • 90番・知花(バイパス)線(琉球バス交通)
  • 290番・知花おもろまち線(琉球バス交通)

その他の区間を通る路線

  • 58番・馬天琉大泡瀬線(東陽バス) 西原町上原 - 内間

歴史[編集]

  • 1953年(昭和28年)に宜野湾村(現宜野湾市)大謝名 - 真栄原間が琉球政府道34号線(のちに軍営繕道区間に指定)、同村我如古 - 西原村(現西原町)棚原間が琉球政府道我如古棚原線としてそれぞれ指定。当時は別路線でかつ西原側の終点は棚原だった。ちなみに真栄原 - 我如古間は琉球政府道5号線だった。
  • 1965年(昭和40年)に政府道我如古棚原線が34号線に編入され、宜野湾市大謝名 - 西原村棚原となる(真栄原 - 我如古は5号線と重複)。
  • 1972年(昭和47年)の本土復帰と同時に琉球政府道34号線が県道34号線となる(真栄原 - 我如古は国道330号となる)。
  • 大謝名 - 真栄原間は比較的整備されていたが、我如古以東は1981年(昭和56年)に琉球大学が現在地に移転されるまで道路状況がよくなかった。本格的に整備されるようになったのはその後からで、従来とは別ルートで整備され、終点も西原町棚原から東海岸の内間に変更された。1985年(昭和60年)に路線名が「宜野湾西原線」に変更された。
  • 1990年代には国道330号の本線が西原バイパスに移したのに伴い、真栄原交差点 - 我如古交差点間の旧道が県道に降格されこの路線となった。1994年(平成6年)には西原町上原 - 内間(終点)が開通した。この区間は高低差が大きく急勾配である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]