沓頬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「沓頬」

沓頬(くつつら)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪[1]

単体の妖怪ではなく、沓()が毛むくじゃらの動物のような姿に化けた妖怪と、が化けた人間のような姿の妖怪の2体が描かれており、共に付喪神(器物が化けた妖怪)である[2]

沓の妖怪の方はの畑で瓜を盗み、冠の妖怪の方はの木の下で李を盗むとされる。これは中国の書物『文選』にもある諺「李下の冠、瓜田の履」に由来するものである[2]。また沓の妖怪のデザインは、室町時代の妖怪絵巻『百鬼夜行絵巻』に描かれている沓の妖怪が元になっている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、144頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ a b 水木しげる妖鬼化』5 東北・九州編、Softgarage2004年、29頁。ISBN 978-4-86133-027-8

関連項目[編集]