沓頬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「沓頬」

沓頬(くつつら)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』に描かれている日本妖怪[1][2]

概要[編集]

(くつ)を載せている動物と人間のような姿の妖怪である。『百器徒然袋』での解説文には、

鄭瓜州(ていくはしう)の瓜田に怪ありて瓜を喰ふ 霊隠寺の僧これをききて符をあたふ これを瓜田におくに怪ながくいたらず のち其符をひらき見るに 李下不正冠(りかにかぶりをたださず)の五字ありと かつてこの怪にやと夢のうちにおもひぬ

とある。鄭瓜州(ていかしゅう)とは中国の詩人・杜甫の友人である鄭審(ていしん)のことで杜甫の詩「解悶」などに見られる[3]。また雲隠寺(うんいんじ)とは中国の杭州にある雲林禅寺のことである[4]ウリの畑に現われてウリを食べてしまう妖怪であるといった内容が書かれており、沓頬もそれであろうとされているが詳細は不明である。

石燕は長冠とおなじ見開きに沓頬を描いており、この2体は中国の書物『文選』にあることわざ田に履(くつ)を入れず下に冠(かんむり)を正さず」および、『徒然草』に冠(65段)と沓(66段)が登場することをモチーフにして創作されていると考えられている。また、室町時代の妖怪絵巻『百鬼夜行絵巻』に描かれている浅沓(あさぐつ)をのせたヤマアラシのような形の妖怪がモデルになって描かれたと考えられている[1][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、269頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、144頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ 井口駒北堂 『杜子美詩集評釈』 大学館 1907年 291-293頁 「解悶」は瓜を見て友や国を懐かしむという内容の漢詩である。
  4. ^ a b 水木しげる『決定版日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様』 講談社講談社文庫) 2014年 ISBN 978-4-06-277602-8 269頁

関連項目[編集]