沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇
La Cérémonie
監督 クロード・シャブロル
脚本 クロード・シャブロル
カロリーヌ・エリアシェフ
原作 ルース・レンデル
ロウフィールド館の惨劇
製作 マラン・カルミッツ
出演者 イザベル・ユペール
サンドリーヌ・ボネール
音楽 マチュー・シャブロル
撮影 ベルナール・ジツェルマン
編集 モニーク・ファルドゥリ
製作会社 France 3 Cinéma
MK2 Productions
Olga Film GmbH
Prokino Filmproduktion
Zweites Deutsches Fernsehen (ZDF)
配給 フランスの旗 MKL[1]
ドイツの旗 Filmwelt
日本の旗 大映
公開 フランスの旗 1995年8月30日
ドイツの旗 1995年11月2日
日本の旗 1996年10月25日
上映時間 111分
製作国 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 フランス語
製作費 €5,820,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $873,196[2]
テンプレートを表示

沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇』(ちんもくのおんな/ロウフィールドかんのさんげき、La Cérémonie)は1995年フランスドイツ合作映画。原作はイギリス推理作家ルース・レンデルの小説『ロウフィールド館の惨劇』。

サンドリーヌ・ボネールイザベル・ユペールの2人がヴェネツィア国際映画祭女優賞をダブル受賞した他、イザベル・ユペールセザール賞最優秀女優賞を受賞している。また作品としてはロサンゼルス映画批評家協会賞外国映画賞などを受賞している。

ストーリー[編集]

ディスレクシアであることをひた隠しにしていた家政婦が、その事実を暴かれたことをきっかけに雇い主であるブルジョワ一家に不満を抱くようになり、遂には、かねてより一家を憎んでいた友人とともに一家全員を惨殺するに至るまでを描いている。

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b La cérémonie - film 1994” (フランス語). AlloCiné. 2014年1月2日閲覧。
  2. ^ La Ceremonie (1996)” (英語). Box Office Mojo. 2012年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]