池谷薫 (アマチュア天文家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

池谷 薫(いけや かおる、1943年11月30日 - )は、コメットハンターとして知られる日本のアマチュア天文家静岡県生まれ。

1962年から本格的に彗星捜索を始め、翌1963年1月3日の未明に自作天体望遠鏡を使って自身の初彗星発見である池谷彗星(C/1963 A1)を見つけた。以後5年連続で5個の新彗星を発見するという偉業を達成したが、特に1965年関勉と共に発見した池谷・関彗星(C/1965 S1)が有名。1980年代には2個の超新星も発見。

2002年2月1日中国張大慶と共に周期彗星池谷・張彗星(153P/Ikeya-Zhang)を発見。これは、1967年池谷・関彗星(C/1967 Y1)以来、実に35年ぶりのことであった。最近では映画「ガラスの使徒」のモデルともなった。 2010年現在、反射望遠鏡反射鏡研磨の仕事の傍ら、彗星捜索を続けており、11月3日には新潟県村上茂樹と共に、新彗星池谷・村上彗星を発見した。池谷は3日、村上は4日にそれぞれ独立して発見している。池谷自身は2002年池谷・張彗星以来8年ぶり、通算で7個目の新彗星発見となった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 日本のアマ天文家2名が発見,池谷・村上彗星と命名,朝日新聞HP 2010年11月5日より