池田矼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
池田矼
Ikeda-bashi.JPG
所在地 日本の旗 日本
沖縄県宮古島市
崎田川
長さ 10m
3m強
形式 アーチ
素材 石灰岩
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

池田矼(いけだばし)は、沖縄県宮古島市の崎田川に架かるアーチ橋である。1977年7月1日に沖縄県の史跡に指定されており[1]日本百名橋の番外の1つでもある。

概要[編集]

琉球石灰岩アーチ型に積み上げて造った石灰岩アーチ橋で、先島諸島ではその唯一の例である。すぐそばに国道390号の崎田橋がある。

歴史[編集]

言い伝えによると、明朝の正徳年間(1506年-1521年)に、平良から洲鎌、上地、与那覇に通じる道の一部である下地矼道(しもじばすうんつ)とともに石橋も造ったが、大雨で流されたとされる。これが今日の池田矼の前身ならば、約500年の歴史があることになる。

『雍正日記』には「池田矼、南北長20間、横3間、高サ9尺5寸村北ノ潟陸原ニアリ」と池田矼の記述があることから、遅くとも1727年(雍正5年)には存在していた。また、『宮古島在番記』には、1817年(嘉慶22年)に下地矼道とともに修復したという記述がある[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 松村博『日本百名橋』鹿島出版会
  • 現地の紹介看板

関連項目[編集]