池原謙一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

池原 謙一郎(いけばら けんいちろう、1928年 - 2002年3月)は、日本の造園家環境デザイナー。ランドスケープデザインの研究者。

筑波大学芸術専門学群で教壇にたちデザインを指導する一方で、公園等の作品を残す。造形美を追求したアート感覚の公園を設計、さらに同世代の造園・環境デザインを担う仲間と活動を積極的に展開し、戦後造園設計界の中心的存在となった。また一方で、サッカー日本代表のサポーター組織「日本サッカー狂会」を立ち上げ、長く日本のサッカーを支援、現在はバレーボールの応援で有名なフレーズ「日本チャ、チャ、チャ」の応援スタイルを考案した[1]

経歴[編集]

  • 1928年(昭和3年)愛知県名古屋市生まれ、津島育ち。
  • 1941年(昭和16年)旧制愛知県立明倫中学校進学。旧制中学時代は陸上と絵画にとりくむ
  • 1945年(昭和20年)、成績優秀で旧制中学を4年修了し、第八高等学校 (旧制)に進学
  • 1945年(昭和20年)、東京大学に入学、サッカー部に所属
  • 1948年(昭和23年)、東京大学農学部農学科園芸第二教室(講座)に進学。丹羽鼎三に師事
  • 1951年(昭和26年)に卒業、翌年に同大学大学院に進学するも中退し助手に就任
  • 1955年(昭和30年)、建設省に入省
  • 1958年(昭和33年)、日本住宅公団宅地部に移籍
  • 1958年(昭和33年)、庭野デザイナー6人展に参加
  • 1959年(昭和34年)、白川公園計画懸賞公募に参加し2等
  • 1960年(昭和35年)、世界デザイン会議に参加。環境部会でパネリストをつとめる
  • 1962年(昭和37年)、サッカーのサポーター組織「日本サッカー狂会(きょうかい)」を設立。
  • 1963年(昭和38年)、日本技術開発株式会社・総合計画部に移籍、緑地課長に就任
  • 1964年(昭和39年)、建築家の石井尚や樋渡達也、小林治人、グラフィックデザイナーの早川和也らとチームを組んで、東京都主催代々木公園設計者選定コンペティションに応募。1等は無しで2等に入選。基本構想の原案として採用される
  • 1964年(昭和39年)、国際造園家協会連合IFLA東京大会にかかわる。同年、伊藤邦衛らと幹事となり「造園設計事務所連合」(現ランドスケープコンサルタンツ協会)を発足させる。
  • 1964年(昭和39年)、東京大学農学部非常勤講師
  • 1966年(昭和41年)、自身の設計事務所/造園コンサルタントの「環境計画研究室」を設立
  • 1969年 日本造園学会賞受賞
  • 1972年 第2回日本公園緑地協会北村賞受賞
  • 1973年 東北大学工学部非常勤講師
  • 1973年 筑波大学大学院芸術学研究科非常勤講師
  • 1978年 筑波大学芸術学群教授就任
  • 1992年 筑波大学を退官
  • 2001年 日本造園学会上原敬二賞受賞

主な作品と業績[編集]

  • モダンアート展出展作「閉ざされた空間」、1956年
  • モダンアート展出展作「地下の露出」、1957年
  • モダンアート展出展作「空中彫刻のあるビルの中庭」、1958年
  • 入谷南公園、東京都台東区松が谷3丁目、1959年
  • 入谷南公園遊具“石の山”
  • 代々木公園、1964年
  • 隅田川X橋(桜橋)構想
  • 岡山市オープンスペース計画 - 建設省が日本緑化センターに委託したもの
  • 羽衣公園(広場風公園)、千葉市、1966年
  • 千里丘陵児童公園(児童施設研究会)
  • 金町駅前市街地住宅ランドスケープ・プレイグラウンド、1967年
  • 南多摩新都市開発事業公園緑地基本計画、東京都八王子市 - 日本公園緑地協会の主担当 1970年
  • 夢の島公園
  • 光が丘パークタウン・グランドハイツ地区コミュニティ道路、1983年
  • 名古屋城北部旧練兵場跡地整備公園(佐藤昌らと)
  • 大阪万博政府出展日本庭園実施設計、1970年
  • 長岡セントラルパーク、新潟県長岡市、1970年
  • 明治100年記念展望台、千葉県富津市、1971年
  • 長岡市幸町公園、新潟県長岡市、1972年
  • 沖縄海洋博覧会政府出展海浜公園基本構想、1973年
  • 所沢市根岸公園、埼玉県
  • つくば・竹田公園、1976年
  • 岐阜市都市ランドスケープ計画、1977年
  • イメージスケッチ「はてしなき旅へと・・・」、1982年~
  • フィリピン・カリラヤの日本人戦没者慰霊園(慰霊碑:谷口吉郎、金子栄一ほか施工管理)、1975年
  • フィリピンマニラ・ルネタ公園内日本庭園(金子九郎らと)、1968年
  • プロセスアーキテクチュアNo59「日本の景」、1986年
  • 羽衣公園改修設計、1985年
  • 入谷町南公園改修設計、1981年
  • 代々木公園・水景基本構想、1988年
  • 勅使ヶ池墓園基本設計、1988年
  • 栄公園地区広場ゾーン整備、1989年

その他[編集]

  • シャツは黒シャツを好んで着用していた。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 「日本サッカー狂会」 日本サッカー狂会編 国書刊行会 2007年
  • 牛木素吉郎「池原謙一郎さんの功績を偲ぶ」(『週刊サッカーマガジン』2004年4月10日号)
  • 「園をつくる」、池原謙一郎著、池原謙一郎先生の退官をお祝いする会実行委員会、1992年
  • デザイン創造-池原謙一郎氏と造園計画 美術手帳10月号(1966年10月)美術出版社
  • 日本公園緑地発達史、佐藤昌、都市計画研究所、1977年
  • CONFORT No.53 2002.4 建築資料研究社