江種辰明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
アジア大会
2006 ドーハ 60kg級
アジア柔道選手権
1999 温州 60kg級
2000 東京 60kg級
2001 ウランバートル 60kg級
2003 済州 60kg級
2004 アルマトイ 60kg級
2005 タシュケント 60kg級
2009 タイペイ 66kg級

江種 辰明(えぐさ たつあき、1976年10月28日 - )は、日本柔道家野村忠宏と同じく長く日本の60kg級を代表する選手。得意技は背負い投げ釣込腰

福岡県行橋市出身、福岡工業大学附属城東高等学校天理大学卒。

アジア大会アジア選手権で優勝経験があるほか、2005年2007年世界柔道選手権大会にも出場している。2008年嘉納治五郎杯東京国際柔道大会ワールドグランプリ2008優勝。現在は66kg級に階級を上げ現役を続行中。

拓殖大学柔道部の特別コーチを務めている。

主な試合記録[編集]

1994 愛知国体柔道競技少年男子(福岡チーム先鋒) 優勝

1995 全日本ジュニア柔道選手権大会 優勝

1997 アジア柔道選手権大会 銅メダル

1998 グルジア国際柔道選手権大会 優勝

1998 講道館杯全日本体重別選手権大会 3位

1999 嘉納治五郎杯国際柔道選手権大会 2位

1999 フランス国際柔道選手権大会 2位

1999 全日本選抜柔道体重別選手権大会 3位

1999 熊本国体柔道競技成年男子(東京チーム先鋒) 優勝

1999 韓国国際柔道選手権大会 3位

1999 講道館杯全日本体重別選手権大会 3位

2000 全日本選抜柔道体重別選手権大会 2位

2000 韓国国際柔道選手権大会 3位

2000 ロシア大統領杯国際柔道大会(団体) 3位

2001 ハンガリー国際柔道選手権大会 優勝

2001 チェコ国際柔道選手権大会 3位

2001 宮城国体柔道競技成年男子(東京チーム先鋒) 優勝

2002 日本国際柔道選手権大会 2位

2002 ロシア国際柔道選手権大会 優勝

2002 エストニア国際柔道選手権大会 優勝

2002 全日本選抜柔道体重別選手権大会 3位

2002 ワールドカップ国別団体柔道大会(スイス・バーゼル) 優勝

2002 モスクワグランプリ国際柔道選手権大会 優勝

2002 講道館杯全日本体重別選手権大会 優勝

2003 全日本選抜柔道体重別選手権大会 3位

2003 講道館杯全日本体重別選手権大会 2位

2004 全日本選抜柔道体重別選手権大会 2位

2004 全国警察柔道大会(団体先鋒) 優勝

2004 全国警察選手権大会 (個人-66kg) 優勝

2004 講道館杯全日本体重別選手権大会 優勝

2005 フランス国際柔道選手権大会 2位

2005 全日本選抜柔道体重別選手権大会 優勝

2005 全国警察柔道大会(団体先鋒) 優勝

2005 岡山国体柔道競技成年男子(東京チーム先鋒) 優勝

2006 ドイツ国際柔道選手権大会 優勝

2006 全日本選抜柔道体重別選手権大会 優勝

2006 ワールドカップ国別団体柔道大会(フランス・パリ) 3位

2006 全国警察柔道大会(団体先鋒) 優勝

2006 兵庫国体柔道競技成年男子(東京チーム先鋒) 優勝

2007 フランス国際柔道選手権大会 2位

2007 全日本選抜柔道体重別選手権大会 3位

2007 全国警察柔道大会(団体先鋒) 優勝

2007 嘉納治五郎杯国際柔道選手権大会 3位

2008 全日本選抜柔道体重別選手権大会 3位

2008 全国警察選手権大会(個人-66kg) 優勝

2008 大分国体柔道競技成年男子(東京チーム先鋒) 優勝

2008 全国警察柔道大会(団体先鋒) 優勝

2008 講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 2位

2008 世界柔道団体選手権大会(-66kg) 5位

2008 嘉納治五郎杯国際柔道選手権大会(ワールドグランプリ) 66kg優勝

2009 全日本選抜柔道体重別選手権大会 2位

2009 ワールドカップ国際柔道選手権大会(グルジア・トビリシ)-66kg 3位

2009 グランドスラム国際柔道大会(ブラジル・リオデジャネイロ)-66kg 5位

2009 全国警察柔道大会(団体先鋒) 優勝

2010 ブラジル国際柔道団体選手権大会 優勝

2010 全国警察柔道大会(団体先鋒) 優勝

関連項目[編集]

外部リンク[編集]