汎骨炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

汎骨炎(: panosteitis)とはイヌにおいて一般的な骨疾患。汎骨炎は一般に5-14か月齢のイヌに説明のできない痛み、跛行が突然発生し、痛みと跛行は時に肢から肢へと移動する[1]。症状として発熱体重減少食欲不振元気消失が認められる。汎骨炎の原因は不明であるが、遺伝的要因、ストレス、感染、代謝、自己免疫などの関与が疑われている[2]。汎骨炎の発症機序として急激な発育、高タンパク質食の関与が示唆されている[3].。

脚注[編集]

  1. ^ Ettinger, Stephen J.;Feldman, Edward C. (1995). Textbook of Veterinary Internal Medicine (4th ed. ed.). W.B. Saunders Company. ISBN 0-7216-6795-3. 
  2. ^ Panosteitis”. The Merck Veterinary Manual (2006年). 2007年1月1日閲覧。
  3. ^ Schawalder P, Andres HU, Jutzi K, Stoupis C, Bösch C. (2002). “Canine panosteitis: an idiopathic bone disease investigated in the light of a new hypothesis concerning pathogenesis. Part 1: Clinical and diagnostic aspects”. Schweiz Arch Tierheilkd 144 (3): 115–30. PMID 11980379. 

外部リンク[編集]