永田雅宜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
永田雅宜
人物情報
生誕 1927年2月9日
日本の旗 日本 愛知県大府市
死没 2008年8月27日(満81歳没)
日本の旗 日本 京都府京都市
出身校 名古屋大学
学問
研究分野 数学
研究機関 名古屋大学京都大学ハーバード大学岡山理科大学
主な受賞歴 正四位勲二等瑞宝章
中日文化賞(1961年)[1]
テンプレートを表示

永田 雅宜(ながた まさよし、1927年2月9日 - 2008年8月27日)は、日本の数学者京都大学名誉教授理学博士(京都大学)[2]正四位勲二等瑞宝章愛知県大府市出身[3]

略歴[編集]

業績[編集]

1960年代、1970年代に可換環論代数幾何学の基礎付けにおいて大きな業績を残した。不変式論を用いてヒルベルトの第14問題の反例を構成し否定的に解決した。他にも代数多様体のコンパクト化、ネーター環における業績がある。

ヒルベルト第14問題を否定的に解決した論文は僅か7ページだった[4]

人物[編集]

家族

息子は京都大学数理解析研究所助教永田雅嗣

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日文化賞:第11回-第20回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月31日閲覧。
  2. ^ 学位論文"A treatise on the 14-th problem of Hilbert."
  3. ^ 永田雅宜氏死去(京都大名誉教授・代数幾何学)(2008年8月28日、時事ドットコム)
  4. ^ M. Nagata, On the 14-th Problem of Hilbert, American Journal of Mathematics, Vol. 81, No. 3 (Jul., 1959), pp. 766-772.

参考文献・資料[編集]

関連項目[編集]