水鏡天満宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水鏡天満宮
境内と本殿
所在地 福岡県福岡市中央区天神一丁目15番4号
位置 北緯33度35分33.73秒
東経130度24分6.43秒
主祭神 菅原道真
社格 村社
テンプレートを表示

水鏡天満宮(すいきょうてんまんぐう)は、福岡県福岡市中央区天神一丁目にある天満宮の1つである。社格は村社。

由来[編集]

菅原道真より大宰府左遷される道中で博多に上陸した際、今泉にある四十川(現在の薬院新川)の水面に自分の姿を映し、水面に映る自身のやつれた姿をみて嘆き悲しんだとされ[1]、これにちなんで今泉(中央区今泉)に社殿が建造され「水鏡天神(すいきょうのてんじん)」「容見天神(すがたみのてんじん)」と呼ばれた。

江戸時代初期の慶長17年(1612年福岡藩初代藩主黒田長政によって「水鏡天満宮」として福岡城鬼門にあたる現在の地に移転された。ちなみに、「天神」とは菅原道真のことをさし、福岡市中央区の「天神」の地名は、この天満宮の移転に由来する[1]

祭事暦[編集]

社宝[編集]

  • 木彫渡唐天神像(県指定文化財) - 享保14年(1729年)、大仏師正慶作
  • 水鏡天満宮縁起 - 延宝2年(1674年)、大鳥居信祐作
  • 綱敷天神像 - 狩野栄川院法印典信画
  • 鳥居扁額 - 昭和の首相、広田弘毅の小学生の時の書物

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 水鏡天満宮 福岡市中央区ホームページ