水道管ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水道管ゲームすいどうかんゲームWATER WORKS)は、2~5人で遊ぶカードゲーム1976年にアメリカのパーカー・ブラザーズより発売が開始された。

基本ルール[編集]

水道管(以降パイプ)のバルブから蛇口まで、規定枚数以上のパイプカードを早く繋げた者が勝者となる。規定枚数は参加人数により増減し、人数が多いほど、枚数は少なくなる。

最初に各プレイヤーに対して手持ち札となる5枚のカードを配り、それぞれバルブと蛇口のカードを場に配置して開始する。各自順番が回ってくる毎に山札から1枚を引き、1枚を使用する。使用出来ない場合は、トレイにカードを捨てて自分の番を終了する。

水漏れ[編集]

他のプレイヤーに対し、パイプを水漏れさせて進行を妨害する事が出来る。相手パイプカードの一番端のカード上に同じ形状の水漏れパイプカードを乗せるか、その先に水漏れパイプカードを繋げることで成立。水漏れの発生したプレイヤーは、水漏れを修理するまで自分のパイプを新たに繋げる事が出来ない(他人のパイプに水漏れを発生させるのは可能)が、水漏れ箇所がT字管だった場合は片方の先にキャップをすることが出来る。

水漏れに対する処置の仕方は次の2通り。

  • 水漏れ箇所と同じ形状のパイプカードを上に乗せる。
  • レンチ」と呼ばれるアイテムを使用する。ただし、使用出来るのは1人につき2回まで。

その他[編集]

  • 水漏れは1人対して1度に1ヶ所まで。
  • 自分に対して水漏れカードを使用する事は出来ない。
  • カードはすべて同じ向きに置くこと。90度回転させて配置してはいけない。
  • 水道管の通り道が1つだけになるように配置すること。
  • 山札のカードがなくなった際について、説明書にルールが記載されていない。

カードの種類[編集]

バルブ
最初に配置するカード。ここから水道管を繋げていく。
蛇口
規定枚数以上のパイプカードを繋げたら、このカードを最後に配置してあがりとなる。
パイプ
ゲームの基本となるカード。直線型、L字型、十字型など、様々な形状がある。
水漏れパイプ
他プレイヤーの水道管に載せて使用する。使用されたプレイヤーは、水漏れを直すまで新たに水道管を延ばす事が出来ない。
銅製パイプ
水漏れさせる事が出来ないパイプ。

水道管ゲームが登場する作品[編集]