水越武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水越 武(みずこし たけし、1938年5月1日 - )は、愛知県豊橋市出身で北海道川上郡弟子屈町在住の写真家。愛知県立時習館高等学校1957年に卒業。1958年東京農業大学林学科を中退した後、田淵行男 に師事、26歳の時から写真を始める。 1971年に独立。フリーフォトグラファーとして、山岳を中心とした自然写真などが評価される、国際的山岳写真家である。

受賞歴[編集]

写真集[編集]

写真展[編集]

1971年 「穂高」 銀座ニコンサロン

1973年 「山で出会った動物たち」 フジフォトサロン

1981年 「NATURE IN MY MIND」 プラハチェコスロバキア

1982年 「NATURE IN MY MIND」 アムステルダムオランダ

1983年 「山の輪舞」 銀座ニコンサロン 高山市民文化会館

1986年 「穂高の光と風の中で」 銀座ニコンサロン フォトキナ(ドイツケルン)出品

1988年 「森林限界」 ペンタックスフォーラム

1991年 「原生林」 キャノンサロン

1992 年 「日本の原生林」 ドイツライカ本社

  • 「日本の原生林」 シーベルフォトセンター

1993 年 「天のかおり」 ペンタックスフォーラム

1994 年 「日本の原生林」 大町山岳博物館長野県

  • 「ヒマラヤ」 銀座ニコンサロン
  • 「ボルネオ熱帯雨林」 コダックフォトサロン

1995 年 「熱帯雨林ボルネオ」 板橋区立熱帯環境植物館

1996 年 「森への旅」 ペンタックスフォーラム

  • 「熱帯雨林展」 県立山口博物館

1997 年 「森の写真展」 紋別市オホーツク・スカイタワー

1999 年 IMPRESSIONS OF A JOURNEY: FOUR FOREIGN PHOTOGRAPHERS IN TURIN’S VALLEYS イタリア国立トリノ山岳博物館

  • 「森林列島」 銀座・大阪ニコンサロン
  • 「森林列島」 土門拳記念館

2000 年 「私の穂高」 JCIIフォトサロン

  • 「温帯雨林-危機に瀕する原生林」 ペンタックスフォーラム
  • 「温帯雨林-危機に瀕する原生林」 地球環境パートナーシッププラザ
  • 「千年物語、森は語る」 板橋区立エコポリスセンター
  • 「今、地球を歩く」 豊田市美術館

2001 年 「森林列島 生態系から見た日本」 青梅市立美術館

  • 「穂高の風」 長野県豊科町・田淵行男記念館
  • 「イタリア北部の山村」 アイデムフォトギャラリー・シリウス

2002 年 「穂高の風」 新宿・大阪ニコンサロン

  • 「熱帯雨林」 穂高岳山荘
  • 「ヒマラヤ」 JCIIフォトサロン
  • 「天然の蘭」 北鎌倉ワイツギャラリー
  • 「天然の蘭」 豊橋駅ビル・カルミア

2003 年 「天然の蘭-熱帯雨林に咲く」 愛知県東郷町・ぶなの木

  • 「水の地球 森の列島」 京阪デパート/ギャラリー・オブ・アーツ・アンド・サイエンス

2003 年 - 2004 年 HIMALAYA BIANCO E NERO- LA LUCE DELLE GRANDI MONTAGNE イタリア国立トリノ山岳博物館

2004 年 PHENOMENON OF BAIKAL 中国北京 プレスセンター

  • PHENOMENON OF BAIKAL 中国蘇州 中央図書館
  • 「生命のゆりかご 熱帯雨林」 銀座・大阪ニコンサロン
  • 「HIMALAYA BIANCO E NERO」 Whyte Museum of the Canadian Rockies, Banff, Canada

2005 年 「熱帯雨林」 松本市 ギャラリー・イマージュ

  • 「森への旅」 北海道・鷹栖町 北成写真交流館
  • PHENOMENON OF BAIKAL モスクワ近代美術館

2006 年 「大地への想い」 豊橋市美術博物館 北海道立釧路芸術館

2007年 「大地への想い」 東京都写真美術館 札幌市写真ライブラリー

2008年 「知床 残された原始」エプサイト 青梅市美術館

2009年 「水越武の山の世界 穂高・ヒマラヤ」 伊勢現代美術館

外部リンク[編集]

水越武オフィシャルサイト クレヴィス