水石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山形石
The Matriarch (Old Plum Tree) suiseki, October 10, 2008.jpg
姿石

水石(すいせき)は、室内で鑑賞する日本文化趣味である。自然石を台座、または水盤にをしいて配置して鑑賞する。

水石という呼称には、水盤に入れた石に水をふりかけると色が濃くなり、美しく見えるからであるという説と、古来、日本の公家社会・武家社会の茶席などで、床の間を飾る置物として、山水景を感じとれる石として重用された「山水石」もしくは「山水景石」が省略されたものであるという説がある。明治以前の鑑賞石はそのほとんどが山水石であったとされる[1]

概要[編集]

中国南宋時代から始まった愛石趣味が日本に伝わったことに始まる。後醍醐天皇の愛石で中国から伝来した『夢の浮橋』が徳川美術館に収蔵されている。の中に山水景観を表現する盆石、盆景の中に自然石を置くことや、奇石の収集・鑑賞趣味として現在に伝わっている。

有名な愛石家に江戸時代の頼山陽、明治時代の岩崎弥之助がいる。1961年に日本水石協会が設立され、第1回展覧会が三越で開催された。昭和40年頃に日本では石ブームが全国に湧き起こり、好まれる石は多種多様になった。[要出典]

鑑賞される石は例えば、山景や海上の岩の姿を連想できる、山形石、遠山石、岩潟石、滝石など(後述)や、菊花石や虎石などの模様の珍しい紋石や、形の面白い姿石、色彩の美しい石などである。日本における名石の産地には石狩川神居古潭)、加茂川瀬田川揖斐川佐治川、などがある。

特に質・色彩が最上級なのは石狩川(神居古潭渓流)と言われている。

呼称[編集]

山水石は多くの形(型)に分類されて扱われる。以下にその例を挙げる。

  • 山形石 / 遠山石 / 島形石:山々を連想させる形状の石
  • 滝石:滝を連想させる部分を持つ石
  • 溜まり / 水溜まり:凹んだ部分を持ち、池のように水を溜めることができる石
  • 茅舎:田舎の一軒家を連想させる形状の石
  • 土坡石:全体に平坦で、一部に山を思わせる隆起を持つ石
  • 段石:全体に平坦で、部分的に台地状の平坦部を持つ石
  • 被り石 / 雨宿り:上部がせり出している石

注釈・参考文献[編集]

  1. ^ 高橋貞助 『伝承石』 石乃美社、1988年
  • 松浦有成 『水石入門マニュアル』 近代出版、2003年、144頁。ISBN 978-4905777038

関連項目[編集]

外部リンク[編集]