日本軍『慰安婦』問題解決全国行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水曜デモから転送)
移動: 案内検索

日本軍『慰安婦』問題解決全国行動(にほんぐん「いあんふ」もんだいかいけつぜんこくこうどう)とは、第二次世界大戦時に旧日本軍にて慰安婦を務めていた韓国人女性や支援者たちが、日本政府からの公式謝罪および法的補償を要求するために開催している集会。1992年平成4年)1月に開始され、[1]毎週水曜日に在韓日本大使館前で行われていることから、一般に「水曜デモ」と呼ばれている。

概要[編集]

韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」の主催で行われることが多いが、学生団体や日本の団体が主催する場合もある[1]。「慰安婦たちの恨みが晴らされなければ、日本人は災難を免れないだろう。」[2]といった日本人に対するヘイトスピーチも見られた他、許しを請う日本の政治家を演じるパフォーマンスなどが公道上の観衆に披露される[3]岡崎トミ子郡和子といった日本の国会議員も参加した過去を持つ。

日本国内でもこれに呼応したデモが行われている。2011年12月には、外務省を人間の鎖で取り囲む「韓国水曜デモ1000回アクションin Tokyo」が開催され、これに反発する保守系の団体と対峙した[4]

この時、ソウルの日本大使館前の公道に、無許可で水曜デモ1000回を記念する慰安婦像が建てられ、撤去を求める日本政府とこれを黙認する韓国政府との間で外交問題に発展した(詳細は「平和碑」「慰安婦の碑」を参照)。この日、過去最大の人数が日本大使館前に集まった[5]

朝鮮学校授業料無償化問題」や「在日差別」などへの抗議が行われることもある[1]。同大使館前では、水曜デモの他にも、各種の反日デモが毎日のように行われており、夏休みになると小中高生までが参加する。法律上、外国公館周辺100メートル以内は集会やデモが禁止されているが、韓国の行政当局は、記者会見という名目で、日本大使館前に限り、こういった行為を黙認していると見られている[6]

中華民国(台湾)でも台北市婦女救援社会福利事業基金会の主導により水曜デモが行われている[7]

1000回記念水曜デモ 日本の国会議員[編集]

抗議活動[編集]

水曜デモに対する抗議活動[編集]

慰安婦問題を否定し水曜デモに反発している行動する保守やその関連団体が水曜デモに対する抗議活動を行っている。主権回復を目指す会などの団体は、対抗するデモ(「アンチ水曜デモ」)や、地方自治体での慰安婦謝罪要求決議を推進した議員の落選運動など非暴力の抗議活動を行っている。詳しくは主権回復を目指す会#慰安婦問題・アンチ水曜デモを参照。

しかしながら中には暴力行為を働く者もおり、主催者側によると2010年1月には抗議者による二度にわたる暴力的な襲撃があり備品の破壊や抗議者(主張では西村修平とされている)による備品の強奪、さらには参加者に対し引き倒したり、羽交い絞めにするなどの暴行を加え、その結果青年1人が腕に全治二週間のけがを負ったと主張している[要出典]

水曜デモに対する抗議活動に対する抗議活動[編集]

一方、抗議者に対して水曜デモ支持者が暴行を加える事件も発生している。2011年9月、支持団体の「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」のメンバーが、同団体の活動に抗議していた在日特権を許さない市民の会のメンバーに暴行を加えたことから大阪府警察公安第三課がメンバー個人宅や関係事務所など5カ所の家宅捜索、集会主催者である同ネットワークの連絡事務所も強制捜査している[要出典]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本軍『慰安婦』問題解決全国行動