水島公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水島公一(みずしま こういち、1941年1月30日 - )は、日本の物理学者、材料科学者。リチウムイオン二次電池陽極材であるコバルト酸リチウム(LiCoO2)など、一連の物質を発見した[1][2][3]。現在、東芝リサーチ・コンサルティング(株)シニアフェロー東京都北区出身[4]

略歴[編集]

歩みと功績[編集]

東京大学理学部助手のときに、ジョン・グッドイナフ教授の招きでオックスフォード大学無機化学研究所に滞在し、リチウムイオン二次電池の陽極材となるコバルト酸リチウム(LiCoO2)など、一連の物質を発見した。

Blue plaque errected by the Royal Society of Chemistry commemorating work towards the rechargeable lithium-ion battery at Oxford

脚注[編集]

  1. ^ K. Mizushima, P.C. Jones, P.J. Wiseman, J.B. Goodenough, LixCoO2 (0<x<-1): A new cathode material for batteries of high energy density, Materials Research Bulletin, 15 (6), Jun 1980, 783-789.
  2. ^ 欧州特許 EP17400B1, J. B. Goodenough, K. Mizushima, P. J. Wiseman.
  3. ^ 米国特許4357215 J.B. Goodenough and K. Mizushima.
  4. ^ 【神奈川のノーベル賞候補 新春インタビュー(1)】水島公一さん リチウムイオン2次電池 苦肉の方向転換「福」招く 「東芝リサーチ・コンサルティング」エグゼクティブフェロー産経新聞 2015年1月2日