水圧破砕法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水圧破砕法によるシェールガス採掘が地震を誘発することを示す概念図
流体を地中に注入する装置
水圧破砕反対のポスター、2012年10月、ビトリア=ガステイス

水圧破砕法(すいあつはさいほう、英語: Hydraulic fracturing)は、地下岩体に超高圧を注入して亀裂を生じさせる手法である。高温岩体地熱発電や、シェールガスタイトオイル(シェールオイル)の採取に用いられている[1]

天然ガスや石油の掘削の際は、特殊な砂粒(プロパント proppant)や、防腐剤ゲル化剤・摩擦低減剤などの化学物質を添加した水が使われており、フラクチャリング流体(fracturing fluid)またはフラッキング水(fracking water)とよばれる[2]

化学物質による地下水の汚染、大量の水使用による地域の水不足の可能性、排水の地下圧入による地震発生の危険性といった問題点が指摘されている[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]