水切り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水切り(みずきり)


水切り(みずきり)は水面に向かって回転をかけたを投げて水面で石を跳ねさせて、その回数を競ったりする遊びの事。「水の石切り」、「石切り」とも呼ばれる。世界中、ある程度の大きさを持つ水面と石のある場所であれば、どこででも見られる遊びである。アメリカでの呼称はStone skipping。日本語における跳ねた回数の助数詞は「段」。

概説[編集]

水切り

水切りは簡単に誰にでも出来る遊びとして各地で行われており、水切りのイベントが行われることもある。また、熊谷市などでは市民の同好会的組織も存在している。

水切りを行う際は、投げる前方に遊泳中の人がいないかなど、周りの人にけががないように注意するとともに、水鳥などの野生動物への配慮も忘れてはならない。

記録[編集]

世界

2008年現在のギネス世界記録は、2007年7月19日にRussell Byarsが記録した51段[3][4][5]である。

それ以前の記録は、2002年9月14日にカート・スタイナー(Kurt Steiner)が "Pennsylvania Qualifying Stone Skipping Tournament"[6] で記録した40段[7]であった。

日本

日本記録は森川寛がテレビ番組「シルシルミシルさんデー」にて出した46段[8]である。

その他の呼称[編集]

「水切り」、「石切り」という呼称以外にも様々な呼び名が存在する。

  • 石投げ
  • 跳ね石遊び
  • 水面石飛ばし
  • チャラ
  • チチッコ
  • ちょんぎり
  • ちょっぴん
  • ちょうま
  • 飛び石

科学的考察[編集]

NHKテレビ「熱中時間 忙中"趣味"あり」で、超高速度カメラやコンピュータを使い、水切りを科学的に分析した結果が紹介された。それによると、よく跳ねるための水面との角度は、前面が10°浮き上がった状態が最もよいとされる。また、石自体が高速回転(番組中では1秒間に30回転)していることが大切で、回転が遅いと早く水没してしまう。石の形は、平型、かまぼこ型、レンズ型などがよいが、計算上はレンズ型が最も適している。

フランス物理学者Lydéric Bocquet[9]らや、永弘進一郎(現・仙台高専)らの研究[10][11][12]によると、石が最も良く跳ねるには、石と水面との角度は20ºが最適であるとされている。また、Bocquetは、Coleman-McGheeの元ギネス世界記録38段を達成するためには、秒速12メートルの速度と、毎秒14回転が必要であると算出している[13]

反跳爆弾[編集]

  • この水切りの原理を兵器に応用したものが反跳爆弾で、第二次世界大戦中にイギリスがドイツのルール地方にあるダムを破壊するために開発した『ダムバスターズ』が有名である。⇒チャスタイズ作戦

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 詳しい水揚げ方法
  2. ^ 住まいの性能:耐久性『土台水切りと防腐、防蟻措置(木造住宅)』
  3. ^ Jonathan D. Silver (2007年9月30日). “A stone's throw and then some to a Guinness record” (英語). Pittsburgh Post-Gazette. 2007年10月5日閲覧。
  4. ^ BBC NEWS (2007年10月2日). “How do you skim a stone 51 times?” (英語). 2007年10月5日閲覧。
  5. ^ CNN.co.jp 2007年10月5日『小石の水切りで「51回」の世界新、飛距離は76メートル』(参考資料:[1]/[2]/[3]/[4]
  6. ^ Pennsylvania Qualifying Stone Skipping Tournament” (英語). 2007年8月30日閲覧。
  7. ^ Kurt Steiner, Guinness World Record Stone Skipper” (英語). 2007年8月30日閲覧。
  8. ^ 2010年8月7日放映分
  9. ^ Web page of Lyderic Bocquet” (フランス語). 2007年8月30日閲覧。
  10. ^ Lydéric Bocquet. “Physics of every day life” (英語). 2007年8月30日閲覧。
  11. ^ “Secrets of successful stone-skipping” ({{{1}}} (PDF)). Nature 427: 29. (2004). doi:10.1038/427029a. https://www.irphe.univ-mrs.fr/~clanet/PaperFile/Nature-stone.pdf. 
  12. ^ Shin-ichiro Nagahiro; Yoshinori Hayakawa (2005). “Theoretical and Numerical Approach to "Magic Angle" of Stone Skipping”. Phys. Rev. Lett. 94: 174501. doi:10.1103/PhysRevLett.94.174501. http://link.aps.org/abstract/PRL/v94/e174501. 
  13. ^ “The physics of stone skipping” ({{{1}}} (PDF)). Am. J. Phys. 71 (2): 150-155. (2002). doi:10.1119/1.1519232. http://lpmcn.univ-lyon1.fr/~lbocquet/AJPricochets.pdf. 

外部リンク[編集]