気分しだいで責めないで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
気分しだいで責めないで
サザンオールスターズシングル
収録アルバム 10ナンバーズ・からっと』(#1)
熱い胸さわぎ』(#2)
B面 茅ヶ崎に背を向けて
リリース 1978年11月25日
規格 7インチレコード('78)
8cmCD('88,'98)
12cmCD('05)
録音 1978年9月10月 (#1)
1978年4月5月 (#2)
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間 6分50秒
レーベル ビクター音楽産業
作詞・作曲 桑田佳祐(#1,#2)
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
サザンオールスターズ シングル 年表
勝手にシンドバッド
(1978年) 
気分しだいで責めないで
(1978年)
いとしのエリー
(1979年)
テンプレートを表示

気分しだいで責めないで」(きぶんしだいでせめないで)は、サザンオールスターズの2枚目のシングルデビューからちょうど5ヵ月後の1978年11月25日に発売。発売元はビクター音楽産業

1988年6月25日CD化、1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発され、計3回再発売されている。

解説[編集]

デビュー曲「勝手にシンドバッド」のいきなりのヒットに続いて発売された。当時ブレイクした曲から同じジャンルやタイプのシングルを3作連続で出す所謂「3枚サイクル」に添って発売された作品。 本製作時及び発売時には、デビュー曲からいきなり売れブレイクしてしまったことにより、思うように曲作りができなかったことからほぼノイローゼ状態であったと言われ、当時のテレビ番組桑田佳祐もそのようなことを連呼している。

収録曲[編集]

  1. 気分しだいで責めないで
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:新田一郎)
    翌年発売のアルバム10ナンバーズ・からっと』に収録されたが、シングルバージョンとは別テイクの為、アレンジがやや異なっている。イントロが長く、間奏部分の桑田の叫びが無く、アウトロフェードアウトでは無くきっちり締めている等の違いがある。カラオケ機器ではアルバムバージョンが使われていることが多い。
    リリース当時桑田は、『「勝手にシンドバッド」と同じ路線を』と事務所側から半強制的に作らされた苦い経験のためこの曲を嫌っており、発売から10年以上ライブで演奏されずにいたが、1993年頃からノイローゼだった事も含めて良い思い出だと思い始め、ライブでも演奏されるようになった。なお、ライブで披露される際はテンポを落として披露することが多い。
  2. 茅ヶ崎に背を向けて
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    自らの出身地、茅ヶ崎をイメージした歌詞である。公式サイトによるとサザンオールスターズとして初めて製作された楽曲である。もともとは同年8月発売のアルバム『熱い胸さわぎ』に収録されていたもののシングルカットである。シングルカットであり、まだ2枚目のシングルと言えども、シングルでは初の桑田佳祐原由子デュエット曲となる。
    サークル時代の友人が保存していた、アマチュア時代に演奏された時の音源が近年になって桑田の元に送られ、音源がラジオで放送された。原型は同じものの完成曲とは大きく印象が異なっており、番組で桑田は当時の事を懐かしんでいた。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

外部リンク[編集]