住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
民家から転送)
移動: 案内検索
日本の一般的な住宅
有機的なデザインのThe Turtle House

住宅(じゅうたく・英語:Residence(レジデンス))は、人の居住を用途とする建築物。「住居」・「マイホーム」とも言う。周囲の環境から居住者の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。

ここで言う“周囲の環境”とは、気候(雨、風、雪、暑さ、寒さ、湿気など)、騒音異臭、他人の視線や聞き耳(→プライバシーの保護)、天敵猛獣猛禽害虫など)など、立地条件によって異なるものであり、住宅に求められる対応もそれによって異なる。

ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。

その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。

住宅の分類[編集]

国勢調査における「住宅」[編集]

国勢調査では、完全に区画された建物の一部で、一つの世帯が独立して家庭生活を営む事が出来るように建築又は改造されたものを住宅としている。住宅の建て方には、「一戸建」、「長屋」、「共同住宅」および「その他」に分かれる。「その他」には、工場や事務所などの一部に住宅がある場合や住宅以外の建物の場合を指す。住宅ではないものとして会社や学校の寮・寄宿舎、病院・療養所、ホテル、下宿屋、旅館・宿泊所、臨時応急的に建てられた建物などが挙げられる。学校の寄宿舎病院療養所社会施設自衛隊営舎矯正施設などは施設として扱われる。

伝統的住宅[編集]

一戸建[編集]

集合住宅[編集]

付加された機能による分類[編集]

住宅対策事業[編集]

国土交通省(旧建設省所管)の市街地のまちづくり活性事業において、住宅対策事業はつぎの施策を行っている。 市街地住宅の供給施策(住宅局住宅建設課市街地住宅整備室所管)は、以下のものがある。

  • 市街地住宅密集地区再生事業
  • 特定住宅市街地総合整備促進事業
  • 都市居住更新事業
  • 都市住宅整備事業
  • 優良住宅地段階整備誘導計画制度:三大都市近郊鉄道周辺で公共施設整備に併せ住宅建設、地区施設整備の誘導
  • 大都市地域住宅供給促進計画策定事業

ほか、住宅市街地開発事業では、新住宅市街地開発事業, 住宅街区整備事業がある。

著名な住宅[編集]

歴史的住宅[編集]

日本[編集]

室町時代
  • 箱木家住宅(室町時代~江戸時代 兵庫県神戸市北区) - 「箱木千年家」と呼ばれる日本最古の住宅。国の重要文化財
  • 古井家住宅(室町時代後期 兵庫県姫路市) - 国の重要文化財。上記箱木家と並ぶ日本最古級の民家。
江戸時代前期
  • 栗山家住宅(1607年 奈良県五條市) - 国の重要文化財。建築年代が判明するものとしては日本最古の民家。
  • 今西家住宅(1650年 奈良県橿原市) - 国の重要文化財。「八ツ棟造」として著名な民家。
  • 吉村家住宅(江戸時代前期 大阪府羽曳野市) - 国の重要文化財。日本で最初に重要文化財に指定された民家。


江戸時代後期


日本以外[編集]

  • フッガーライ(1514年-1521年 ドイツ・アウクスブルク) - 最初期の計画的集合住宅。
  • モンティチェロ(1769年-1809年 アメリカ合衆国バージニア州シャーロッツビル)

モダニズム建築[編集]

日本[編集]

集合住宅
個人住宅

日本以外[編集]

集合住宅
個人住宅

構成要素[編集]

屋外(外構 エクステリア[編集]

※なお、園芸用の農地は、建物の基礎部分に接して農地等を設けるべきではない。害虫などが家屋に侵入して様々な悪影響を及ぼしたり、雑草を焼却しようとして根から基礎に火が回り建物火災になることすらある。これらの点や防犯上、建物の基礎部分周囲には砂利を敷き詰めることが望ましい。

屋内[編集]

下記に関連して、給排水、電気等の付帯設備もある。


関連項目[編集]