民主防衛国民会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルンジの旗 ブルンジの政党
民主防衛国民会議
Conseil National Pour la Défense de la Démocratie
党首 レオナール・ニャンゴマ
国民議会議席数
4 / 118   (3%)
元老院議席数
3 / 49   (6%)
テンプレートを表示

民主防衛国民会議フランス語: Conseil National Pour la Défense de la Démocratie、略称:CNDD)は、ブルンジ政党。前身は、フツ系の反政府組織・民主防衛軍 (FDD) の政治部門であった。党首は、レオナール・ニャンゴマ (Léonard Nyangoma)。内戦中の1998年に軍事部門と政治部門は分裂し[1]、軍事部門内で司令官のジャン=ボスコ・ンダイケングルキエ (Jean-Bosco Ndayikengurukiye) が北部などの非ブルリ出身者の多いピエール・ンクルンジザ派に倒され[2]、ンクルンジザ派が主流派となり、CNDD-FDDと名乗るようになった[3]2005年に行われた総選挙で得票率4.9パーセントで下院国民議会(118議席)に4議席を得た。上院元老院(49議席)には3議席を有する。

脚註[編集]

  1. ^ UK Home Office Immigration and Nationality Directorate Country Assessment - Burundi, 1 April 2002, [accessed 9 February 2010]
  2. ^ UK Home Office Immigration and Nationality Directorate Country Assessment - Burundi, 1 April 2002, [accessed 9 February 2010]
  3. ^ Paul Collier, Nicholas Sambanis, Understanding civil war: evidence and analysis, Vol. 1, p,49, World Bank, 2005年、ISBN 9780821360477.