民主党 (ポーランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランド共和国の政党
民主党
Partia Demokratyczna – demokraci.pl(PD)
代表 ブリギダ・クジニャク
セイム議席数
0 / 460   (0%)
(2011/12/18)
セナト議席数
0 / 100   (0%)
(2011/12/18)
政治的思想・立場 リバタリアニズム 自由主義 社会自由主義
公式サイト demokraci.pl
テンプレートを表示

民主党‐民主主義者ドットペーエル(みんしゅとうみんしゅしゅぎしゃドッドペーエル、ポーランド語:Partia Demokratyczna – demokraci.pl, PD)は、ポーランド共和国における自由主義政党1990年の大統領選挙においてタデウシュ・マゾヴィエツキを支援した民主連合(Unia Demokratyczna、UD)の潮流を汲む。党首はブリギダ・クジニャク(Brygida Kuźniak 2009年1月~)[1]

俗に中道左派とみなされる政党である。個人の自由経済制度の自由の両方を同時に追求するため、ノーラン・チャートでは右上のリバタリアニズムにあたる。しかしこの政党は単純にリバタリアニズムというよりは、むしろテクノクラート的な色彩を持ち、個人にかかわる政策や経済制度の構築ではリベラルな傾向があるが、マクロ経済政策、具体的には財政政策だけでなく金融政策において常にかなり強硬なタカ派の方針で事実上一貫している。この点で、財政政策において緊縮的であると同時にしばしば景気刺激と称して金融緩和を繰り返し結果として大資本寡占の社会・経済状況をもたらす政策的誤謬に陥りがちな世界の一般のリバタリアン政党とは大きく異なっており、この点で「民主党‐民主主義者ドットペーエル」は世界的に見ても非常にユニークな学者肌の政党といえる。

概要[編集]

2007年選挙における政党支持の強弱(郡別)
PO=市民プラットフォーム
PiS=法と正義
LiD=左翼と民主左派民主左翼連合中道民主党を中心とする中道左派選挙連合)
PSL=ポーランド国民党

1990年12月2日に結成された民主連合が、より幅広い中道政治勢力の結集を目指し、自由主義政党の自由民主会議(Kongres Liberalno-Demokratyczny、KLD)と合併して1994年4月23日に結成された自由連合(Unia Wolności、UW)を2005年2月27日に改編して発足した。

2006年地方選挙と2007年下院選挙では民主左翼連合(SLD)・ポーランド社会民主主義(SDPL)・労働連合(UP)と共闘して選挙連合「左翼と民主主義」(Lewica i Demokraci、LiD)を組織して選挙に臨んだが、選挙後にSLDとの対立が再燃したことで連合を離脱した。

2009年6月に行われた欧州議会議員選挙では、SDPLや「緑の党 2004」と共に政党連合「将来のための合意-中道左派」(Porozumienie dla Przyszłości-CentroLewicz)を結成して望んだが、政党連合が議席確保するために最低限必要な得票率7%に達せず、議席を確保できなかった(得票率2.44%)。任期満了に伴って実施された2011年10月の議会選挙には候補を擁立しなかった[2]

2013年6月24日、2014年に実施される欧州議会選挙における中道左派勢力による選挙協力を目的とし1月に結成された「ヨーロッパ・プラス」への合流を決定した[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 在ポーランド日本大使館発行「ポーランド月報」2009年1月号 (PDF) 巻末「ポーランド政治クロノロジー」より
  2. ^ 西南学院大学法学部教員仙石学作成「ポスト社会主義国の選挙・政党データ」(ベータ版)
  3. ^ ポーランド政治・経済・社会情勢(2013年6月20日~26日)”. 日本外務省 (2013年6月). 2013年10月20日閲覧。
  4. ^ その後、ヨーロッパ・プラスは同年10月6日、パリコト運動に吸収される形で新党「みんなの運動」へと改編された。ポーランド政治・経済・社会情勢(2013年10月3日~10月9日)”. 日本外務省 (2013年10月11日). 2011年11月15日閲覧。

外部リンク[編集]