比土駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
比土駅
ホーム。伊賀神戸行きが発車
ホーム。伊賀神戸行きが発車
ひど - HIDO
上林 (2.6km)
(1.0km) 伊賀神戸
所在地 三重県伊賀市比土
所属事業者 I伊賀鉄道
所属路線 伊賀線
キロ程 15.6km(伊賀上野起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
10人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1922年大正11年)7月18日
備考 無人駅

比土駅(ひどえき)は、三重県伊賀市比土にある、伊賀鉄道伊賀線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線のホームを持つ地上駅。かつては島式ホーム1面2線であったが、ホーム東側は閉鎖され、現在は保線車両用のスペースとなっている。現在は西側の線路のみに、伊賀神戸行きと上野市行きの双方が発着する。ホーム有効長は2両。

無人駅。かつては駅舎があったが1999年に撤去(便所も同時に撤去)され、現在は伊賀神戸寄りの入口から直接ホームに入る形になる。

伊賀鉄道発足後は、近くを国道422号が通り、駅横に適当な空き地があることから、車両搬入駅として使用されており、200系電車は、当駅までトレーラーで陸送後、深夜にクレーンで構内の線路上に下ろされ、860系電車に牽引されて上野市車庫まで回送された。

利用状況[編集]

比土駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
    • 2005年11月8日の調査結果によると、1日の利用客はわずか49人(隣の上林駅と同数)。この数字は伊賀線の駅(14駅、伊賀神戸駅含む)の中では、ワースト1位タイ。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(比土駅)
年度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特記事項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1950年(昭和25年) 25,200 ←←←← 17,377 42,577      
1951年(昭和26年) 24,780 ←←←← 17,608 42,388      
1952年(昭和27年) 20,340 ←←←← 15,687 36,027      
1953年(昭和28年) 21,990 ←←←← 15,448 37,438      
1954年(昭和29年) 14,550 ←←←← 14,786 29,336      
1955年(昭和30年) 16,140 ←←←← 14,016 30,156      
1956年(昭和31年) 14,830 ←←←← 11,943 26,773      
1957年(昭和32年) 15,960 ←←←← 11,501 27,461      
1958年(昭和33年) 16,200 ←←←← 11,242 27,442      
1959年(昭和34年) 14,640 ←←←← 9,600 24,240      
1960年(昭和35年) 21,060 ←←←← 7,835 28,895      
1961年(昭和36年) 21,480 ←←←← 6,663 28,143      
1962年(昭和37年) 21,000 ←←←← 6,739 27,739      
1963年(昭和38年) 20,910 ←←←← 6,487 27,397      
1964年(昭和39年) 21,000 ←←←← 5,972 26,972      
1965年(昭和40年) 21,610 ←←←← 5,781 27,391      
1966年(昭和41年) 20,310 ←←←← 5,884 26,194      
1967年(昭和42年) 22,140 ←←←← 6,063 28,203      
1968年(昭和43年) 20,460 ←←←← 6,572 27,032      
1969年(昭和44年) 19,890 ←←←← 6,223 26,113      
1970年(昭和45年) 17,580 ←←←← 5,136 22,716      
1971年(昭和46年) 15,570 ←←←← 4,808 20,378      
1972年(昭和47年) 14,850 ←←←← 4,805 19,655      
1973年(昭和48年) 15,990 ←←←← 6,919 22,909      
1974年(昭和49年) 15,360 ←←←← 6,957 22,317      
1975年(昭和50年) 14,580 ←←←← 8,169 22,749      
1976年(昭和51年) 12,600 ←←←← 8,119 20,719      
1977年(昭和52年) 9,870 ←←←← 6,998 16,868      
1978年(昭和53年) 9,000 ←←←← 6,376 15,376      
1979年(昭和54年) 10,650 ←←←← 6,582 17,232      
1980年(昭和55年) 11,280 ←←←← 6,322 17,602      
1981年(昭和56年) 13,260 ←←←← 6,209 19,469      
1982年(昭和57年) 14,130 ←←←← 6,098 20,228 11月16日 120  
1983年(昭和58年) 14,070 ←←←← 6,168 20,238 11月8日 139  
1984年(昭和59年) 13,020 ←←←← 6,287 19,307 11月6日 135  
1985年(昭和60年) 13,920 ←←←← 5,939 19,859 11月12日 139  
1986年(昭和61年) 15,330 ←←←← 5,681 21,011 11月11日 136  
1987年(昭和62年) 13,830 ←←←← 5,196 19,026 11月10日 131  
1988年(昭和63年) 11,430 ←←←← 4,144 15,574 11月8日 116  
1989年(平成元年) 9,450 ←←←← 4,008 13,458 11月14日 87  
1990年(平成2年) 12,000 ←←←← 3,950 15,950 11月6日 90  
1991年(平成3年) 10,320 ←←←← 4,531 14,851      
1992年(平成4年) 8,940 ←←←← 4,381 13,321 11月10日 89  
1993年(平成5年) 8,040 ←←←← 3,944 11,984      
1994年(平成6年) 7,350 ←←←← 3,832 11,182      
1995年(平成7年) 6,180 ←←←← 3,411 9,591 12月5日 62  
1996年(平成8年) 5,670 ←←←← 3,288 8,958      
1997年(平成9年) 6,450 ←←←← 3,561 10,011      
1998年(平成10年) 8,190 ←←←← 3,572 11,762      
1999年(平成11年) 8,070 ←←←← 3,656 11,726      
2000年(平成12年) 6,960 ←←←← 3,795 10,755      
2001年(平成13年) 7,380 ←←←← 3,717 11,097      
2002年(平成14年) 6,810 ←←←← 4,348 11,158      
2003年(平成15年) 5,550 ←←←← 4,664 10,214      
2004年(平成16年) 5,190 ←←←← 4,858 10,048      
2005年(平成17年) 5,670 ←←←← 5,658 11,328 11月8日 49  
2006年(平成18年) 5,310 ←←←← 5,285 10,595      
2007年(平成19年) 5,010 ←←←← 6,101 11,111      
2008年(平成20年) 6,075 ←←←← 2,010 8,085 11月14日 46  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←          
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←          
2013年(平成25年)   ←←←←          


駅周辺[編集]

交換駅だった名残が線形に残る(2007年10月15日)
ホーム(2005年10月28日)

歴史[編集]

  • 1922年大正11年)7月18日 - 伊賀鉄道(旧)上野町(現・上野市)-名張(後の西名張)間延伸時に、阿保駅として開業。
  • 1926年(大正15年)12月19日 - 社名変更により伊賀電気鉄道の駅となる。
  • 1929年昭和4年)3月31日 - 会社合併により大阪電気軌道伊賀線の駅となる。
  • 1930年(昭和5年)11月19日 - 参宮急行電鉄の阿保駅(現在の青山町駅)開業に伴い、比土駅に改称。
  • 1931年(昭和6年)9月26日 - 路線譲渡により参宮急行電鉄の駅となる。
  • 1941年(昭和16年)3月15日 - 大阪電気軌道が参宮急行電鉄を合併、新発足した関西急行鉄道の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 戦時合併により関西急行鉄道が近畿日本鉄道に改組。同社の駅となる。
  • 1973年(昭和48年)10月1日 - 貨物営業廃止。
  • 1977年(昭和52年) - 行違い設備撤去。駅員無配置駅となる。
  • 1999年平成11年)11月16日 - 駅舎撤去。
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 近鉄伊賀線が営業上分社化され、伊賀鉄道(新)の駅となる。

隣の駅[編集]

伊賀鉄道
伊賀線
上林駅 - 比土駅 - 伊賀神戸駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]