毒見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

毒見(どくみ)とは、誰かに出される食物が安全であるかどうかを実際に食して確認すること。が含まれていないか、腐敗していないかなどを確認する。毒見を担当する役割を毒見役という。毒味や毒味役の「味」は当て字である。

概要[編集]

通常は、重要な人物(皇帝君主、あるいは暗殺や危害が加えられそうな人物)に対して行う。

食物の安全性は、毒見役がその後、体に異常がないかどうかで確認される。そのため、毒見は急性毒に対しては効果的であるが、遅効性の毒に対しては効果的ではない。

近年では似たような役割に検食が存在する。検食とは食事を提供する側(病院教育施設福祉施設刑務所自衛隊等)の長、若しくはそれに順ずる責任者が提供する前に食し、異物、調理の異常の有無、食事の量、質などを検査する。簿冊が備えられている場合が多く、検食者(検食官)が食後に記入し、調理師の参考とする。

世界における毒見[編集]

古代ローマでは、毒見専属の奴隷がいた。当時は為政者に毒を盛られるのが頻繁であったので、ローマ皇帝は、紀元前27年に即位した初代皇帝アウグストゥス以降、歴代の皇帝が毒見奴隷を抱えることとなった[1]。概ね毒見奴隷の寿命は短かったという。ハロタス(en)はクラウディウスの毒見役で使用人頭であったが、西暦54年、クラウディウスが毒キノコに当たって死んだ後も、後継の皇帝の毒見役を務めたことから、暗殺に関わったとも考えられている[2]

礼記曲礼・下篇』には、やはり紀元前後の中国で、薬を飲ませる前に君主は臣下が、親は子が毒見をするようにと述べられている。

13世紀のエジプトの将軍イッズッディーン・アイバクは、スルタンの奴隷として毒見役をつとめたことから出世し、ついにはスルタンにまで登りつめている。

20世紀ソビエト連邦の政治家スターリンは、自分が食事を取る前に部下に食べさせていたという。

日本における毒見[編集]

平安時代には薬子という毒見役があり、宮中で屠蘇などの毒味をしていたという[3]。また、一般に毒見役は「鬼食ひ」と呼ばれていた[4]

江戸時代寛文6年(1666年)、仙台藩の幼藩主伊達綱村は数え8歳の時に毒殺されかけたが、毒見役の働きによって難を逃れている。この後も事件は続き、「伊達騒動」と呼ばれる御家騒動に発展する。

近代皇室では侍医長が御試食(おしつけ)として事前に天皇に出させる食事の毒見を行っていた。現在でも残っているが検食に近く、栄養管理が主目的である。

毒見役が登場する架空の物語[編集]

日本以外が舞台のもの[編集]

日本が舞台のもの[編集]

  • 歌舞伎 奈河亀輔 『伽羅先代萩』 18世紀の作。伊達騒動をモデルにしている。
  • 大河ドラマ 『樅ノ木は残った』 伊達騒動がモデル。
  • 映画 『武士の一分』 (2006年) 主人公が幕末東北地方の藩主の毒見役。
  • 漫画 『子連れ狼』 架空の毒見役職・公儀御口唇役が登場する。

注釈[編集]

  1. ^ ヴィッキー・レオン2009年『古代仕事大全』p117原書房
  2. ^ Jacob Abbott Nero Harper & Bros., 1881
  3. ^ Yahoo Japan辞書「薬子」の項。
  4. ^ Yahoo Japan辞書「鬼食ひ」の項。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]