殺したいほどアイ・ラブ・ユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殺したいほどアイ・ラブ・ユー
I Love You to Death
監督 ローレンス・カスダン
脚本 ジョン・コストメイヤー
製作 ジェフリー・ルーリー
ロン・モラー
製作総指揮 チャールズ・オークン
マイケル・グリロ
出演者 ケヴィン・クライン
トレイシー・ウルマン
リヴァー・フェニックス
ウィリアム・ハート
キアヌ・リーヴス
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 オーウェン・ロイズマン
編集 アン・V・コーツ
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年4月6日
日本の旗 1990年11月10日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語、イタリア語 他
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $16,186,793[1]
テンプレートを表示

殺したいほどアイ・ラブ・ユー』(I Love You to Death)は、1990年製作のアメリカ合衆国の映画ローレンス・カスダン監督。

1984年ペンシルベニア州アレンタウンで実際に起こった、浮気性の夫を殺そうとした妻の殺人未遂事件を基にしたコメディ

ストーリー[編集]

ワシントン州タコマピザ屋を営むジョーイには、長年連れ添っている妻のロザリーがいた。だがかなりの女たらしで、水道管修理と偽り浮気するのが日々の日課。とはいえ妻への愛がないわけではなく、浮気しながらも離婚は考えていなかった。ロザリーはとうとう夫の浮気現場を目撃してしまう。

一途に愛してきた夫の裏切りに混乱するロザリーに、母親のナージャは夫の殺害を提案する。ナージャがジョーイの車に細工するも爆破失敗。睡眠薬を丸2瓶入れたスパゲッティも美味いと平らげ、眠っただけ。ロザリーにひそかに好意を持つアルバイトのディーボにジョーイを撃たせたり、2人の殺し屋を雇って撃たせたり、それでも死ぬ気配がない。そこに警察が現れ、結局ナージャ含め殺害に関係した全員が逮捕、ジョーイも病院へと運ばれる。

昏睡から目覚め、事を知ったジョーイはようやくロザリーの純粋な愛に気付き、和解したのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHS版
ジョーイ・ボカ ケヴィン・クライン ささきいさお
ロザリー・ボカ トレイシー・ウルマン 小宮和枝
ナージャ ジョーン・プロウライト 高橋和枝
ディーヴォ リヴァー・フェニックス 中原茂
ハーラン・ジェームズ ウィリアム・ハート 大塚明夫
マーロン・ジェームズ キアヌ・リーブス 井上和彦
ラリー刑事 ジェームズ・ギャモン 屋良有作
カルロス刑事 ジャック・ケーラー 沢木郁也
ジョーイの浮気相手 フィービー・ケイツ 玉川砂記子
ジョーイの母親 ミリアム・マーゴリーズ 片岡富枝
ブリジット ヘザー・グラハム
ミリー シリ・アップルビー
拘置所の密告者 ジョン・ビリングズリー
ディーヴォの弁護士 ローレンス・カスダン

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ I Love You to Death”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月12日閲覧。

外部リンク[編集]