死霊の盆踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
死霊の盆踊り
Orgy of the Dead
監督 A. C. スティーヴン
脚本 エド・ウッド
製作 A. C. スティーヴン
撮影 ロバート・カラミコ
公開 アメリカ合衆国の旗 1965年
フランスの旗 1968年
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

死霊の盆踊り』(しりょうのぼんおどり、原題:Orgy of the Dead(「死霊の乱痴気騒ぎ」))は、1965年6月1日に公開されたアメリカ映画

概要[編集]

オカルト・エロチック・ホラー映画。「死霊」とされる女性が裸踊りをするシーンが劇中ほとんどを占めている。

物語[編集]

ある夜、売れない小説家のボブは、恋人のシャーリーとともに小説のネタ探しをするために墓場に向かっていた[1]。途中でシャーリーが引き返すよう強く迫り、ボブは仕方なくUターンして戻ることにしたが運転を誤り、2人は車ごと転落してしまう[2]。その頃、墓場では夜の帝王と闇の女王が宴を開いており、死霊となった女たちが踊っていた。様子を物陰から見ていたボブとシャーリーは途中で見つかってしまい、縛り付けられてしばらく踊りを鑑賞させられる。そして2人は闇の女王に襲われそうになるが[3]、その瞬間に朝日が差し込んで死霊たちは骨になり、2人は救急隊によって救出された[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

公開[編集]

日本[編集]

日本では1986年に成人映画として公開。邦題をつけたのは江戸木純[6]。配給会社はギャガ。同社が最初に配給した映画で、劇場公開時、宣伝スタッフが死霊に仮装して本物の盆踊りを催した。

1987年の「東京国際ファンタスティック映画祭」では、映画祭の正式参加作品でなく、他所の会場でのイベント上映作品に[7]。ただし「最低映画予告編大全」との同時上映だった。この映画祭では、監督のA・C・スティーブンが来日。監督は「東京国際ファンタスティック映画祭」の正式な上映を決定事項だと信じ込んで来日したが[8]、実際は土壇場で不合格になった[9]

脚注[編集]

  1. ^ Craig 2009, p. 222.
  2. ^ Craig 2009, pp. 222–223.
  3. ^ Craig 2009, p. 234.
  4. ^ Craig 2009, p. 236.
  5. ^ “Obituaries COMPOSERS JAIME MENDOZA-NAVA”. Variety 399 (6): 80. 
  6. ^ 『地獄のシネバトル』197ページ。
  7. ^ 『地獄のシネバトル』197-202ページ。
  8. ^ 『地獄のシネバトル』202-203ページ。
  9. ^ 『地獄のシネバトル』199ページ。

参考文献[編集]

  • Craig, Rob (2009). Ed Wood, Mad Genius: A Critical Study of the Films. McFarland & Company. ISBN 978-0-7864-3955-3. 
  • 江戸木純 「『死霊の盆踊り』伝説 ビデオ宣伝無礼講時代 レンタル・ビデオ乱熟期」『地獄のシネバトル――世紀末映画読本』 洋泉社、191-206頁。ISBN 4-89691-121-0

外部リンク[編集]