死の商人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

死の商人(しのしょうにん、Merchant Of Death)とは、営利目的で敵味方を問わず兵器を販売する人物・組織への蔑称、転じて営利目的で兵器を販売し富を築いた人物・組織への蔑称。

概要[編集]

いくつかの辞書においては、中世欧州において敵対する勢力の両方に武器を売り、利潤のみを求めた武器商人の姿勢からこのような蔑称が生まれたとされている。

19世紀から冷戦期にかけては武器の生産、販売元はアメリカ合衆国ソ連フランス等の国が中心で、冷戦時においてもこれらの国の政府や企業が直接当事者・当事国に販売するケースが多かった。しかし、冷戦終結後は、これらの国や企業が様々な理由から当事者・当事国に直接武器を売ることが出来ないことがあり、その場合、武器商人(=「死の商人」)を経由して売る事が多いといわれる。これらの理由から近年は豊富な資金源のある個人が武器商人の中心になってきている。

合法、非合法を問わず、紛争当事国やテロリスト、第三諸国(アフリカ中東諸国)に武器を売っており、それが少年兵や犯罪者に手軽に銃が渡ってしまうので非常に問題ではあるが、死の商人達は各国の政府上層部や諜報機関と深い関係があるために、これらの武器売買の行為を暴くことは、自国の暗部の行為を暴くことになってしまうのであまり摘発されない。また、近年は武器生産、販売国として中華人民共和国北朝鮮パキスタンなどの新興工業国が急速に勢力を伸ばして来ているといわれている。

当然の事ながら、この類の職業は戦争が起きれば利益が増える。

「死の商人」と呼ばれた人々、会社、国[編集]

個人[編集]

会社[編集]

国家[編集]

いずれの国も、国際的に著名な武器・兵器メーカーを持つ。

関連項目[編集]

死の商人が登場する作品

脚注[編集]

  1. ^ a b ロード・オブ・ウォー公式ブログ
  2. ^ “ロシアの武器商人に禁錮25年の判決”. wsj.com (ウォール・ストリート・ジャーナル). (2012年4月5日). http://jp.wsj.com/US/node_421626 2012年4月6日閲覧。 
  3. ^ 死の商人(岡倉古志郎,1999)
  4. ^ アメリカの保守本流(広瀬隆,2003)
  5. ^ 『神々の軍隊』- 浜田政彦(2000年,ISBN 9784883202119)
  6. ^ アルフレッド・ノーベル伝(Kenne Fant,1996)
  7. ^ 丁稚から財閥を築いた男、大倉喜八郎
  8. ^ 『神々の軍隊』- 浜田政彦(2000年,ISBN 9784883202119)
  9. ^ 『世界の起業家50人』- 大東文化大学起業家研究会(2004年,ISBN 9784762013041)