歴史は女で作られる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
歴史は女で作られる
Lola Montès
監督 マックス・オフュルス
脚本 マックス・オフュルス
アネット・ワドマン
原作 セシル・サン=ローラン
製作 アルベール・キャラコ
出演者 マルティーヌ・キャロル
ピーター・ユスティノフ
アントン・ウォルブルック
音楽 ジョルジュ・オーリック
撮影 クリスチャン・マトラ
編集 マドレーヌ・ギュ
配給 フランスの旗 ガンマ・フィルム
西ドイツの旗 ウニオン=フィルム
日本の旗 新外映配給
公開 フランスの旗 1955年12月23日
西ドイツの旗 1956年1月12日(ドイツ語版)
日本の旗 1956年3月10日
上映時間 110分
製作国 フランスの旗 フランス
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 フランス語
英語
ドイツ語
テンプレートを表示

歴史は女で作られる』(れきしはおんなでつくられる、原題 フランス語: Lola Montès)は、1955年に製作・公開されたフランス西ドイツの合作映画である。

概要[編集]

ローラ・モンテスを描いたセシル・サン=ローランの小説の映画化であり、マックス・オフュルスが監督、マルティーヌ・キャロルが主演した。

物語の主な舞台となったバイエルン州でロケーションが行われ、イーストマンカラーシネマスコープ作品として撮影されている。オフュルス監督作で唯一のカラー作品となった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:マックス・オフュルス
  • 製作:アルベール・キャラコ
  • 脚色:マックス・オフュルス、アネット・ワドマン
  • 音楽:ジョルジュ・オーリック
  • 音楽監督:ジャック・メテエン
  • 撮影:クリスチャン・マトラ
  • 編集:マドレーヌ・ギュ
  • 美術/プロダクションデザイン:ジャン・ドーボンヌ
  • 装置:ロベール・クリスティド
  • マルティーヌ・キャロルの衣裳:マルセル・エスコフィエ
  • 衣裳:ジョルジュ・アンネンコフ

外部リンク[編集]