歯髄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

歯髄(しずい)は、の内部(歯髄腔)において存在する疎線維性結合組織のことである。俗に言う「歯の神経」。

機能[編集]

  • 歯髄原基の時期には口腔上皮を分化させ、歯堤およびエナメル器形成を誘導する。
  • 象牙質を産生する。
  • 象牙芽細胞とその突起とを通じて、また血管によって象牙質を養う。
  • 歯牙の感覚を司る(象牙細管を通じて象牙質の知覚を司る)。この場合、刺激に対する反応は疼痛となって現れる。
  • 修復象牙質を産生する。また細菌感染などによる炎症に対して免疫反応を働かせる。
  • 機械的、温熱的、化学的、細菌などの刺激に対してデンティンブリッジを形成し、刺激を遮断する。

関連項目[編集]