歯周基本治療

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

歯周基本治療(ししゅうきほんちりょう)とは歯周疾患に対する治療の一つ。歯周外科手術に先立って行われる。 歯周基本治療の目的は、急性症状の緩和炎症の軽減原因の除去歯周疾患の進行停止などである。 歯周疾患は患者の生活習慣に関連するものが多く、歯周疾患の治療における歯周基本治療はとても重要なものである。患者のモチベーションを高め、メインテナンスを成功に導く。 イニシャルプレパレーションとも呼ばれることもある。

歯周基本治療の目標[編集]

  1. 急性症状の緩和を図る。
  2. 慢性炎症を極力軽減する。
  3. ブラッシングなどにより口腔衛生を確立する。
  4. 咬合機能障害因子を除き、当面の咬合の確保を行う。
  5. 患者の歯や口腔の健康維持に対するモチベーションを行う。
  6. インフォームドコンセントの確立

処置内容[編集]

  1. 応急処置
  2. プラークコントロール
  3. スケーリング及びルートプレーニング
  4. 不良補綴物修復物の修正・除去
  5. 咬合機能回復処置
  6. 暫間固定
  7. 歯周ポケット
  8. 齲蝕処置
  9. 知覚過敏症の処置
  10. 保存不可能な歯の抜歯
  11. 習癖の改善