歯周嚢胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

歯周嚢胞(ししゅうのうほう)は炎症性あるいは発育性の歯原性嚢胞の一つ[1]。通常、萌出中の大臼歯歯冠歯根に関連して出現する。この嚢胞が萌出中の第三大臼歯の遠心(同部に発生する歯周嚢胞をHofrath嚢胞と呼ぶ。)や歯列の他の場所で成長すると、単に歯周嚢胞と呼ばれる。しかし、6歳から10歳の下顎第一大臼歯頬側根分岐部に発生した嚢胞はbuccal bifurcation cystと呼び、これは他の歯周嚢胞と比較して特徴的な臨床的特徴を持ち、管理における考慮が必要である[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 下野正基野間弘康山根源之田中陽一井上孝 「VI章嚢胞」『口腔外科、病理診断アトラス』 下野正基野間弘康山根源之、監修 石川達也内田安信稗田豊治平沼謙二医歯薬出版〈アドバンスシリーズ1〉、東京都文京区1994年8月30日、第1版第2刷、95-143頁。ISBN 4-263-45161-9
  2. ^ Zadik Y, Yitschaky O, Neuman T, Nitzan DW (May 2011). "On the Self-Resolution Nature of the Buccal Bifurcation Cyst". J Oral Maxillofac Surg 20 (5): e15. doi:10.1016/j.joms.2011.02.124. PMID 21571416.