武藤金義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武藤 金義
1916年8月18日 - 1945年7月24日
Kaneyoshi Mutoh.jpg
渾名 「空の宮本武蔵」「ムトキン」
死没 豊後水道
軍歴 1935年6月1日-1945年7月24日
最終階級 中尉
テンプレートを表示

武藤 金義(むとう かねよし、1916年8月18日 - 1945年7月24日)は、大日本帝国海軍の戦闘機搭乗員。愛知県出身。最終階級は中尉。太平洋戦争において戦闘機搭乗員として活躍した。

経歴[編集]

1916年(大正5年)愛知県に生まれる。1935年(昭和10年)6月1日呉海兵団に入団し駆逐艦浦波に乗艦。1935年(昭和10年)12月23日第32期操縦練習生として採用、1936年(昭和11年)7月卒業。大村航空隊での延長教育を受ける。

1937年(昭和12年)10月日中戦争開始で上海に進出中の第一三航空隊に配属される。同年12月4日に南京上空で中華民国国軍I-16戦闘機1機を撃墜したのが初戦果となった。12月12日中国で展開中の第一二航空隊に異動。南京南昌漢口攻撃と活躍を続ける。武藤は中国大陸で中華民国機を合計5機撃墜し日中戦争における撃墜王となる。

太平洋戦争開戦時は第三航空隊に所属。1941年12月8日フィリピンのクラークフィールド飛行場攻撃時には飛行隊長横山保大尉の2番機を務めた。1942年4月元山海軍航空隊第二五二航空隊)に所属し基幹搭乗員として新人の練成にあたるとともにラバウル、ソロモン航空戦を戦い抜いた。1943年横須賀海軍航空隊の教官に着任し新人訓練やテストパイロットを務める。同年10月21日妻の喜代子と結婚。1944年6月八幡空襲部隊に所属。硫黄島に進出し米海軍第58任務部隊のグラマンF6F戦闘機などの迎撃に当たる。1945年2月17日厚木基地上空に大量に飛来したグラマン編隊の一部12機にオレンジ塗装の紫電単機で挑み2機撃墜の戦果を挙げた。敵を集団から一機ずつ誘い出して撃墜する様は一乗寺下り松の決闘を思わせる戦いぶりであり、その時から海軍内で「空の宮本武蔵」の異名で知られるようになった。[1]同僚の山崎卓が落下傘降下した横浜市磯子区杉田で地元民に米兵と間違われ竹槍で殺された時は杉田を銃撃してやろうかと怒った。[2]

1945年6月末第三四三航空隊戦闘301飛行隊(新撰組)に異動する。源田実司令の希望指名による補充であった。4月15日に戦死した杉田庄一上飛曹の代わりとして隊長菅野直大尉の護衛役となることが期待された。坂井三郎と交換という形になったが交渉は難航したため補充は6月になった。武藤は源田司令に「私が来たからには菅野隊長は死なせませんよ」と約束した。[3]

1945年7月24日343空は武藤含む21機で10倍以上の米機動部隊艦載機を迎撃するため大村から出撃。豊後水道上空の交戦で武藤は敵編隊に攻撃を加え、菅野隊長を襲う機体にも飛びつき撃墜した。激戦の中、武藤は源田司令との約束を守り切ったが、この戦闘で武藤は未帰還となった。詳細は不明であった。この日の戦闘で343空は武藤金義鴛淵孝隊長など6名が未帰還となる。この戦闘は御嘉賞の御言葉を賜わり表彰されるものとなった。[4]戦死認定後、中尉に昇進。(菅野隊長もその後8月1日の戦闘で未帰還となる。)

戦後1978年11月愛媛県南宇和郡城辺町(現・南宇和郡愛南町)久良湾の海底で1945年7月24日の未帰還機と思われる紫電改が発見される。しかし諸々の危険性から引き上げに諸方面は消極的であった。武藤の遺族他元343空隊員、遺族からの引き上げてほしいという願いを代表し当時参議院議員の源田実元司令と自衛艦隊司令の相生高秀元副長が各方面に働き掛け引き上げられることになる。[5]遺品などは残っておらず特定は困難であったが、301飛行隊の機体と思われることなどから武藤金義の機体である可能性も大きい。[6]目撃情報から搭乗員は被弾や機体トラブルなど何らかの理由で戦場から離れ、操縦によって模範的不時着水を行い、機体とともに水没したとされる。[7]武藤夫人は未帰還6人の共通の遺品とするべきだとした。343空隊員や遺族により慰霊式が執り行われられた。この紫電改は愛南町南レク馬瀬山公園の紫電改展示館に保存・展示されている。

人物[編集]

武藤は小柄ながらも明朗快活でだれからも親しまれるひとだった。[8]武藤が多忙であったため結婚写真は別々に取ったものを張り合わせたものであった。一人娘ができた際はこれで子孫が絶えないととても喜んでいた。[9]

武藤の戦闘技量は敵十二機を一機で相手にして戦う事が出来たほど高く、海軍内でも名が知られたパイロットであった。[10]また編隊運動にも長けており252空時代三森中尉の列機を務めた際は他の列機が離れても武藤だけはピタリと側にいて「何があっても離れないのでご安心を」と言う武藤は側にいるだけで心強かったと三森は語っている。[11]

脚注[編集]

  1. ^ 源田実『海軍航空隊始末記』文春文庫353-355頁
  2. ^ 丸『最強戦闘機紫電改』光人社165頁
  3. ^ 源田実『海軍航空隊始末記』文春文庫352-353頁
  4. ^ 源田実『海軍航空隊始末記』文春文庫360頁
  5. ^ 碇義朗『紫電改の6機』48頁
  6. ^ 碇義朗『紫電改の6機』364頁
  7. ^ 宮崎勇『還って来た紫電改』光人社NF文庫269-271頁
  8. ^ 宮崎勇『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』光人社NF文庫p259
  9. ^ 宮崎勇『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』光人社NF文庫p275-276
  10. ^ 源田実『海軍航空隊始末記』文春文庫353-355頁
  11. ^ 宮崎勇『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』光人社NF文庫p73

参考文献[編集]

  • 碇義朗 『紫電改の六機 若き撃墜王と列機の生涯』 光人社NF文庫
  • 宮崎勇 『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』 光人社NF文庫