武林盛一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

武林 盛一(たけばやし せいいち、1842年-1908年)は明治時代の写真家。

経歴[編集]

1842年天保13年1月16日)陸奥国弘前に生まれる。1858年安政5年)に蝦夷地へ渡り、箱館奉行所の外国船検査掛となる。外国艦船に出入りして写真に興味をもつようになり、1868年明治元年)箱舘府に仕えながら写真師田本研造に師事し写真術を学んだ。

1871年(明治3年)に退官、翌1872年(明治4年)函館で写真スタジオを開設し、後札幌に移る。1873年(明治5年)開拓使写真御用掛に任命され、北海道各地の記録撮影をおこなう。1885年(明治17)年、東京に写真スタジオを開業。

1908年(明治41年)、67歳で死去。養子は小説家の武林無想庵

参考文献[編集]

  • 講談社日本人名大辞典
  • 『武林写真館五十年誌』武林写真館同窓会 大正11年8月3日発行
  • 『武林写真館百年誌』武林写真館同窓会武量会 昭和47年8月21日発行

外部リンク[編集]