武智丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安浦漁港で防波堤となった二隻の武智丸(右側は「第二」)

武智丸(たけちまる)は、第二次世界大戦太平洋戦争)中の日本戦時標準船E型に準じてコンクリート船として竣工した大日本帝国海軍所属の貨物船である。同型船4隻が作られたが、うち2隻の船体が広島県呉市安浦町の安浦漁港の防波堤として現存している。

概要[編集]

木材金属ではなくセメントで作られるいわゆるコンクリート船は19世紀中頃に誕生していた。第一次世界大戦中に技術が発展し、1920年前後には大西洋横断可能な航洋性がある大型船が出現した。しかし、コンクリート船は通常の船舶とは異なり、耐水性・水密性に優れる反面、大量の型枠用木材が必要になるなど、費用が鋼船の二倍かかる上に、コンクリートの性質上冬季でも温暖な地域でしか作れない欠点があった。そのためコンクリート船は鋼材船の代用品でしかなかった。

戦時体制下であった日本では輸送手段の貨物船も、造船用鋼材も極度に不足していた。舞鶴海軍工廠技術中佐であった林邦雄は800トン級貨物船をコンクリートで作る承認を艦政本部から得た。この計画に大阪府土木会社の武智昭次郎が事業に名乗りを挙げ、兵庫県印南郡曽根町(現在の高砂市)の塩田跡に新設された武智造船所でコンクリート船体が建造され、艤装は岡山県玉野市の三井造船玉野で行われた。寸法などは戦標船E型に準じて製作された。 このコンクリート船に先立ち、エンジン等の自走機関を持たない被曳航油送船が1943年昭和18年)に5隻建造された。武智丸はいずれも海軍輸送船として引き渡され、第一武智丸が1944年(昭和19年)6月竣工、ついで第二、第三も竣工。主に石炭や製鋼原料、雑貨輸送に利用され、瀬戸内海を中心に一部は南方へも航海した。

第三武智丸は1945年(昭和20年)7月10日に瀬戸内海の小豆島沖で触雷沈没。 第四武智丸は艤装中に終戦を迎え、終戦後完成したが台風で神戸沖で9月17日に座礁し、のち廃船。 終戦後も残存したのは、第一・第二の二隻のみであった。

構造[編集]

武智丸は鉄筋コンクリートで船体を作られたため、鋼鉄船に比べ若干重く積載量が少ない(載貨重量940トン)という欠点があった。 しかし、1945年(昭和20年)5月24日、第二武智丸が関門海峡を航行中、部崎灯台付近で米軍が瀬戸内海に敷設した機雷に触雷したが被害は小破と意外に軽く、鋼製船にさして劣らなかったという。船体のコンクリート断面厚さは喫水線以上で12cm、それ以下は13~18cmと厚みを増し、船底部では25cmにも達した。コンクリートの配合は容積比で1:1.5:3(セメント:砂:砂利)、一般の鉄筋コンクリートの標準配合は1:2:4。船舶用の特別仕様の配合がなされた。セメントは大阪窯業セメント会社の普通ポルトランドセメント、砂利は揖保川下流のものが、また砂は海砂が使用された可能性が高い。また船体外側にわずかに残る黒っぽい物質から、防水を兼ねてアスファルトを塗装されていた可能性が高い。 船首は衝突のよる破損防止のため鋼板に覆われて強化されている。被曳航油送船とは違い機関部(三井造船玉野製・750馬力ディーゼルエンジン)が装備され、自力航行が可能であった。

戦後[編集]

戦後2隻のコンクリート貨物船は、第一武智丸はエンジン故障で呉市警固屋付近で放置。第二武智丸はどうやら使用可能であったため大阪商船が払い下げを受けたがまもなく廃船された。 おりしも広島県の安浦漁港が防波堤がなく、1945年9月に来襲した枕崎台風をはじめ台風襲来のたび、漁船等に被害を被っていた。安浦漁協側は県当局に防波堤設置を陳情したが、安浦漁港沖合いの海底が軟弱地盤のため、当時の土木技術では建設に巨費がかかると県当局側は難色をしめした。代案として、呉港の第一武智丸と、大阪港の第二武智丸の二隻を防波堤として転用することになった。 1947年大蔵省から船体の払い下げを受け、1949年(昭和24年)に基礎工事を開始した。まず海底の泥を浚渫し粗ダ沈床(0.9m)を敷き、置換砂(1.6m)を敷きつめた上で、「第一武智丸」と「第二武智丸」の船尾同士を繋げる形で位置を決めた。沈設は満潮時を待って行われた。スクリューシャフトを抜き、また船体底部数箇所に穴を開け海水を船内に入れ2隻を沈めた。そののち船体両側に捨石をおくなどして船体を固定し1950年2月に完成した。沈設当時の二隻は上部構造物がほぼそのまま残されていたが、朝鮮戦争特需でスクラップ価格が高騰していた頃金属製構造物の大半は持ち去られ、現在あるコンクリート船体のみの姿になった。わずかに船首部の錨巻上げ部付近のコンクリ埋め込み金具などが残されている。溶接跡は非熟練工によると思われるものであり、当時の勤労動員者もしくは学徒の手になると推測される。 船首左舷には「第一武智丸」の船名が白く大書されていたが、現在は塗料が剥落し判読は難しくなっている。 21世紀の現在もなお、武智丸は安浦漁港を守る防波堤として現存している。陸側の「第一武智丸」は沈設から60年以上を経て主に船首部が甲板まで沈下しているが、沖側の「第二武智丸」はほぼ沈設当時の位置にある。

現地では史跡としても保存しており、漁港にある駐車場から「第二武智丸」の先に設置された防波堤端の灯台まで通路が設けられており、「第一・第二武智丸」の船体構造を見ることが出来る。ただし風化が進行している箇所があるうえ海中への転落の危険もあるので注意が必要である。

参考文献[編集]

  • 現地案内板より
  • 別冊歴史読本32「旧軍史跡-現代に遺された戦争遺産」、123-125頁、新人物往来社、2009年
  • 残存・帝国艦艇 288-289、292頁 図書出版社 1972年
  • 戦時日本船名録 7巻82頁 戦前船舶研究会 2006年 
  • ワンダーJAPAN 《戦跡》コンクリート船 57-60頁 2008年6月
  • 日本経済新聞夕刊 関西版8月10日、東京版8月13日 2001年
  • 船舶百年史 27,28頁 有明書房 1958年
  • 鉄筋コンクリート貨物船「武智丸」に関する調査報告 森 弥広 千葉工業大学土木工学科助教授(工博)、宇野祐一 ショ-ボンド建設(株)土木部部長、小林一輔(工博) 千葉工大土木工学科非常勤教授(工博) コンクリート工学年次論文集Vol25、No2、2003年
  • 戦時造船史 550-558頁 小野塚一郎著 日本海事振興会 1962年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]