武夷山市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 南平市 武夷山市
武夷山・九曲渓
武夷山九曲渓
旧称:崇安


中心座標 北緯27度46分0秒 東経118度2分0秒 / 北緯27.76667度 東経118.03333度 / 27.76667; 118.03333
簡体字 武夷山
繁体字 武夷山
拼音 Wúyìshān
カタカナ転記 ウーイーシャン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
南平
行政級別 県級市
建市 1989年
市委書記 郭跃進
市長 胡偉仁
面積
総面積 2,942 km²
人口
総人口(2005年) 22.3679 万人
経済
電話番号
市樹
市花 武夷蘭
公式ウェブサイト http://www.wys.gov.cn/

武夷山市(ぶいざん-し)は中華人民共和国福建省南平市に位置する県級市。革命老区(共産革命時に拠点となった地域)の一つ。

地理[編集]

年間平均気温は17℃、降水量1881mmである。

歴史[編集]

武夷山九曲渓、正面が玉女峰

五代南唐の時代は「崇山峻嶺、安楽祥和」に由来し崇安と称されていた。宋代に崇安県が設けられ中華人民共和国まで名称が踏襲された。1989年に県級市に昇格し武夷山市が成立した。

経済[編集]

農業が中心の経済構造であり茶葉以外に、水稲、柑橘類、スイカ等の生産が盛んである。それ以外には石炭採掘、林業なども発達している。

特産品[編集]

大紅袍(Da Hong Pao tea)を代表とする武夷岩茶が特産品であり、中国原産地域産品として国家保護を受けている。


行政区画[編集]

街道:崇安街道、新豊街道、武夷街道。 鎮:星村鎮、興田鎮、五夫鎮。 郷:上梅郷、吳屯郷、嵐谷郷、洋庄郷。

交通[編集]

文化と観光[編集]

武夷山は中国の著名な観光地で、「奇秀甲南東」(甲南東の奇観)とも呼ばれる。市の南境付近には、代に存在した閩越国(前333年から前110年頃の国、途中により行政区分上、閩中郡とされていたこともある)の古城があり、中国の国重要文化財に指定されている。

人物[編集]

宋代の儒家朱熹(朱子)がここに30数年在住し、紫陽書院を創立した。

zh:武夷山市 (01:45, 23 May 2007) を翻訳。