武佐駅 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武佐駅
武佐駅(2013年9月)
武佐駅(2013年9月)
むさ - Musa
B54 東釧路 (1.2km)
(4.5km) 別保
所在地 北海道釧路市武佐4丁目56-2
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線(花咲線)
キロ程 312.5km(滝川起点)
電報略号 ムサ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1988年昭和63年)3月13日
備考 無人駅

武佐駅(むさえき)は、北海道釧路市武佐4丁目56-2にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の

駅構造[編集]

駅ホーム

単式ホーム1面1線を有する地上駅駅員無配置駅となっている。

駅名の由来[編集]

「ムサ」とは、アイヌ語イラクサのこと。アイヌ民族はイラクサの皮から繊維を取り出し、「レタルペ」(白いもの、の意)という白い色合いの着物を作っていた。

駅周辺[編集]

駅の北側は原野。南側は新興住宅街である。武佐の森という市民公園が設けられ、市民の憩いの場になっている。北海道釧路星園高等学校の最寄り駅であったが、2009年3月をもって閉校している。

  • 釧路若草郵便局
  • 釧路市立武佐小学校
  • 武佐川
  • くしろバス「武佐団地入口」停留所

歴史[編集]

  • 1988年(昭和63年)3月13日 - JR北海道の駅として開業[1]。旅客のみ取扱い。
  • 1994年平成6年)3月15日 - 東釧路駅無人化に伴い、派遣職員による出札終了。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
根室本線(花咲線)
東釧路駅 (B54) - 武佐駅 - 別保駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『JR釧路支社 鉄道百年の歩み』 北海道旅客鉄道釧路支社、2001年、119頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]