正距円錐図法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
正距円錐図法

正距円錐図法 (せいきょえんすいずほう) とは地図投影法のひとつで、ある基準緯線からの距離が正しくなるように緯線を等間隔に設定した円錐図法である。 極は点ではなく一定の大きさを持つ円弧となる。