正則素数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数論における正則素数(せいそくそすう、regular prime)とは、円の p 分体類数を割り切らない素数 p のことであり、エルンスト・クンマーにより、考案された。小さいものから順に

3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29, 31, 41, …(オンライン整数列大辞典の数列 A7703

と続く。 クンマーは、奇素数の正則性は、pk = 2, 4, 6, …, p − 3 におけるベルヌーイ数の分子を割り切らないことと等価であることを示した。またフェルマーの最終定理が、次数が正則素数である場合において正しいことを証明した。

正則素数は、無限に存在すると予想されている。より正確には、e−1/2 、つまり約 61% の素数が、正則であると予想されている (Siegel, 1964)。どちらの予想も、2009 年現在まだ証明されていない。

正則でない奇素数は、非正則素数と呼ばれる。小さいものから順に

37, 59, 67, 101, 103, 131, 149, 157, 233, 257, 263, … (A928)

と続く。分子が p で割り切れるようなベルヌーイ数 Bk の個数は、p非正則指数と呼ばれる。K. L. ジェンセンは、1915年、非正則素数が無限に存在することを示した。

参考文献[編集]

  • Richard K. Guy, Unsolved Problems in Number Theory (3rd ed), Springer Verlag, 2004 ISBN 0-387-20860-7; section D2.
  • Carl Ludwig Siegel, Zu zwei Bemerkungen Kummers. Nachr. Akad. d. Wiss. Goettingen, Math. Phys. K1., II, 1964, 51-62.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]