歌川広重 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
歌川重宣から転送)
移動: 案内検索
「諸国名所百景 甲州矢立杉」 二代目広重画。

二代目 歌川広重(にだいめ うたがわ ひろしげ、文政9年〈1826年〉 - 明治2年9月17日1869年10月21日〉)とは、江戸時代末期から明治初期にかけての浮世絵師

来歴[編集]

初代歌川広重の門人。姓は鈴木または森田、名は鎮平。立斎、立祥、喜斎と号す。初代歌川広重と同じく定火消同心の息子であった。弘化のころ初代広重に入門し、初め重宣と称した。美人画花鳥画武者絵を描き、やがて風景画も描くようになり、徐々に初代の作域に近付いてゆく。安政5年(1858年)に初代が没すると、翌安政6年(1859年)広重の養女お辰の婿になり、二代目歌川広重を襲名した。この時、お辰は16か17歳であった。二代目広重は師の画風を忠実に継承した風景画などを描いた。慶応元年(1865年)、お辰22歳の時に20歳という年齢差が災いしてか夫婦喧嘩により、お辰と離別することになる。以後は森田姓を称し、横浜に移り住んで喜斎立祥と号し、外国輸出用の茶箱のラベル絵を描いたので、人々から「茶箱広重」と呼ばれ、特に外国人からは重宝がられた。

安政6年(1859年)12月に描かれた「諸国名所百景 尾州名古屋真影」(那珂川町馬頭広重美術館所蔵)では、月夜に浮かぶ名古屋城の天守閣上にある金鯱を大胆にクローズアップしている。初代広重の晩年の揃物「名所江戸百景」にも参加し、全120図の内「赤坂桐畑雨中夕けい」(東京芸術大学大学美術館所蔵)には、「二世広重画」と款している。さらに、改印が安政6年4月になっている「市谷八幡」、「上野山下」、「びくにばし雪中」の3点の作者も二代広重であるとされる。また「立祥」の落款では横浜絵開化絵を残した。享年44。

肉筆画では、安政元年-安政5年作画の「遊君図」(ニューオータニ美術館所蔵)が知られ、「重宣筆」の落款に「重宣」の朱文方印を捺している。画風は、師に倣って歌川派様式の美人を描いており、温和であったとされる彼の性格がうかがわれる一品である。門人に四代目歌川広重がいる。

作品[編集]

錦絵[編集]

  • 「末広五十三次 浜松」 浜松市美術館所蔵 ※「広重」の落款
  • 「末広五十三次 白須賀」 浜松市美術館所蔵 ※「広重」の落款
  • 「三十六花撰 東都入谷朝顔」 千葉県立中央博物館所蔵 慶応2年(1866年) ※「立祥」の落款
  • 「名所江戸百景 赤坂桐畑雨中」 大判錦絵 安政6年
  • 「諸国名所百景」 大判錦絵揃物 安政6年から文久元年
  • 「横浜岩亀見込之図」 大判錦絵3枚続 万延元年
  • 「隅田川八景」 大判錦絵8枚揃 文久元年
  • 「東都三十六景」 大判錦絵36枚揃 文久元年、文久2年
  • 「東都名所」 横大判錦絵藍摺揃物 文久2年
  • 「東京名所三十六花撰」 大錦36枚揃 慶応2年

肉筆画[編集]

  • 「大磯の虎御前と馬上の十郎図」 絹本着色 神奈川県立歴史博物館所蔵 安政6年以前 ※「重宣筆」の落款、「重宣」の印
  • 「不二遠望図」 紙本墨画 日本浮世絵博物館所蔵 ※「重宣筆」の落款、印章不明
  • 「遊君図」 紙本着色 ニューオータニ美術館所蔵 ※「重宣筆」の落款、「重宣」の朱文方印
  • 「秋草に美人図」 絹本着色 日本浮世絵博物館所蔵 ※「廣重筆」の落款、「立斎」の朱文方印
  • 「夜桜図」 絹本着色  出光美術館所蔵 幕末 ※「廣重筆」の落款、「立斎」の白文方印
  • 「日光の滝図」 絹本着色 熊本県立美術館所蔵 ※「廣重」の落款、「壱立斎」の朱文方印
  • 「待乳山雪景図」 紙本着色 城西大学水田美術館所蔵 ※「二世廣重」の落款、「壱立斎」の朱文方印
  • 「二嬌納涼図」 絹本着色 バーデン=ヴュルテンベルク州立リンデン民族学博物館所蔵(ベルツコレクション) ※「廣重」の落款

参考文献[編集]

  • 藤懸静也 『増訂浮世絵』 雄山閣、1946年 ※近代デジタルライブラリーに本文あり。270頁、173コマ目。
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年 ※134 - 136頁
  • 稲垣進一編 『図説浮世絵入門』〈『ふくろうの本』〉 河出書房新社、1990年
  • 小林忠編 『肉筆浮世絵大観(3) 出光美術館』 講談社、1996年
  • 小林忠編 『肉筆浮世絵大観(8) ニューオータニ美術館』 講談社、1995年 ※236頁
  • 奥田敦子編 『広重 初代~五代広重のガイドブック』 太田記念美術館、2007年

関連項目[編集]