欧州合同軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯48度32分55秒 東経7度46分57秒 / 北緯48.548575度 東経7.782612度 / 48.548575; 7.782612

欧州合同軍
Eurocorps
Coat of arms of Eurocorps.svg
創設 1993年10月1日
所属政体 西欧同盟の下でベルギーフランスドイツルクセンブルクスペイン
部隊編制単位 軍団
兵種/任務/特性 NATO即応部隊陸軍部隊
地上軍高即応部隊司令部
所在地 フランス共和国ストラスブール
上級単位 欧州連合軍最高司令部
テンプレートを表示

欧州合同軍(おうしゅうごうどうぐん、英語Eurocorps)は、ヨーロッパの6ヶ国の陸軍部隊で構成されている国際部隊。欧州軍団との日本語訳もある。[1]

概要[編集]

ドイツフランスベルギールクセンブルクスペインポーランドの各国から部隊が派遣されて構成されている。最大兵力は、約6万名。先行したドイツ・フランス合同旅団を中核に、そこに4ヶ国が加わり構成された。

恒常的な上部指揮機構はなく、欧州連合の他、必要に応じ適宜、国際機関の指揮下に置かれる。軍の目的として、以下の3つが創立憲章にうたわれている。

  1. 災害救援もしくは人道問題に対する派遣。
  2. 国際連合または欧州安全保障協力機構における平和維持任務。
  3. 北大西洋条約機構および西欧同盟における集団安全保障・防衛任務。

発展[編集]

  • ドイツ・フランス・ベルギー:1993年から兵力派遣
  • スペイン:1994年から
  • ルクセンブルク :1996年から
  • ポーランド:2008年から

派遣実績[編集]

2004年から2005年にかけて国際治安支援部隊(ISAF)として、ボスニア・ヘルツェゴビナコソボに派遣されている。

組織[編集]

恒常的な上部組織がなく、部隊を派遣している5ヶ国の国防および外務担当大臣の協議によって派遣先が決定される。派遣先の決定には、国際連合欧州連合の要請が大きな要素となる。なお、指揮時に使用する言語は、英語となっている。

司令部
軍の司令部所在地はフランス・ストラスブール
部隊
ドイツ・フランス合同旅団(フランス・ドイツ合同旅団)は、欧州合同軍のみの指揮下にあり、両国ないし各国の独自の指揮下にない。他の部隊は、欧州合同軍の指揮下にあると同時に各国の独自の指揮下にもある。
  • ドイツ・フランス合同旅団(フランス・ドイツ合同旅団)
  • フランス軍2個旅団
  • ドイツ軍2個旅団
  • ベルギー軍2個旅団
  • スペイン軍1個師団(3個旅団基幹)
  • ルクセンブルク軍1個中隊
  • ポーランド軍1個旅団

歴代司令官[編集]

氏名 国籍 着任 離任
1 ヘルムート・ヴィルマン陸軍中将
de:Helmut Willmann
ドイツの旗 ドイツ 1993年10月1日 1996年1月31日
2 ピエール・フォッテール陸軍中将
Pierre Forterre
フランスの旗 フランス 1996年1月31日 1997年12月15日
3 レオ・ヴァン・デン・ボッシュ陸軍中将
Leo van den Bosch
ベルギーの旗 ベルギー 1998年1月1日 1999年11月26日
4 フアン・オルトゥニョ・スク陸軍中将
Juan Ortuño Such
スペインの旗 スペイン 1999年11月26日 2001年12月10日
5 ホルガー・カンマーホフ陸軍中将
de:Holger Kammerhoff
ドイツの旗 ドイツ 2001年12月10日 2003年9月4日
6 ジャン=ルイ・ピ陸軍中将
Jean-Louis Py
フランスの旗 フランス 2003年9月4日 2005年9月23日
7 シャルル・アンリ・デルクール陸軍中将
Charles-Henri Delcour
ベルギーの旗 ベルギー 2005年9月23日 2007年9月21日
8 ペドロ・ピタルク陸軍中将
Pedro Pitarch
スペインの旗 スペイン 2007年9月21日 2009年9月25日
9 ハンス=ローター・ドームローゼ陸軍中将
de:Hans-Lothar Domröse
ドイツの旗 ドイツ 2009年9月25日 2011年7月1日
10 オリビエ・ド・バヴィンショブ陸軍中将
Olivier de Bavinchove
フランスの旗 フランス 2011年7月1日 2013年7月1日
11 オリビエ・ド・バヴィンショブ陸軍中将
Guy Buchsenschmidt
ベルギーの旗 ベルギー 2013年7月1日

脚注[編集]

  1. ^ 金子、P299。

参考文献[編集]

  • 金子譲『NATO 北大西洋条約機構の研究』彩流社、2008年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]